京都「四条パクチー」でランチ。パクチー大好物!!

  • ブックマーク

 

すでにもう1ヵ月も前のことですが、地元島根から友人がやってきたので、ランチへ行くことに。
和食かアジアンフードのどちらかを希望~ってことだったので、
前から気になっていたタイ料理のお店「四条パクチー」に行ってきました。
今では市内に3軒あるようですが、最初にオープンしたのが、河原町丸太町の交差点辺り。
お店の入口は、ドアも壁もなく透明のカーテンがひいてあって、
屋台があって、中も簡素なテーブルとイスどん!

まるでその一角だけ、タイの屋台が出現した!みたいな雰囲気で
ものすごく気になっていたのです。
ようやく行けて、とてもうれしい。
四条パクチーは2階フロアもあって、とても広々としていました。
ホント、現地の大衆食堂といった雰囲気満載。

フォーやらタイの焼きそばパッタイ、グリーンカレーとか
いろいろランチメニューは充実していた中で、
私がオーダーしたのは、数量限定で出している「バンコクランチ」990円
トムヤンクン、揚げ物、春雨、デザートのココナッツミルクまで全7種類。
いろいろまとめておいしそうだったので、こちらにしました。
トムヤンクンは大好きなのですが、しっかり酸っぱく辛く本場の味という感じ。
パクチーはもっとどっさりこれでもか!って入ってると嬉しかったのですが、まぁほどほどに。
アルミのトレーにスプーンなど、食器もタイっぽい雰囲気があって、
あれこれ食べられて、お得感あり。
デザートに、マンゴーアイス&ライチシャーベット(330円)までオーダーして
タイの味を満喫。
ライチシャーベットにパクチーがのったデザートもあって気になったのですが、
「シャーベットとパクチー、合う? それ本当に合うの?」っていう気持ちがぬぐいきれなくて、断念。
どなたかチャレンジしたら感想を聞かせてください。
というわけで、京都の寒い1月ながら、
異国の風を感じつつの楽しい食事を楽しんだのでした。
四条パクチー

 

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。