「文と編集の杜」のサイトにインタビュー動画アップされています!

  • ブックマーク

ふだんはインタビューする側なのですが、なんと今回インタビューしてもらうという機会に恵まれました!

読みものをつくる会社「文と編集の杜」さんが開催した「オープン!オープンデイ」の特別企画として、ライターという仕事に対する考え方や、今後の方向性についてお話しています。

さらに、インタビューされているときに動画まであります…!

インタビュー記事・前編

前半では、こんなことについて話しています。

ライターとはどういう仕事だと思う?

どうしてフリーライターになったの?

商業ライターとは?

ちなみに、インタビュー時に着ている服は、ファッションデザイナーをしている弟のブランドEZUMiのシャツとスカート。生地がサラサラとしていて着心地がよく、しかも袖をまくり上げて着ていてもシワになりにくいところが気に入っています。

インタビュー記事・後編

後半の内容はこんな。

編集者とライター、両方して思うこと

今後、書きたいテーマは?

どのように受注を決めているのか

「教える」ということをしてみて、感じていること

ライターの可能性について

インタビュー動画もあり!

動く自分に見慣れておらず、夫に「え? この動画のわたし大丈夫?」と確認したら、「思いきりいつもどおり」と言われて、いろいろ諦めました。

私が見ると、髪の毛はねてるし、私の歯並びこんなんだったん?とかいろいろ違うところに目が行ってしまいますが…。動いている私に興味があると言う方はぜひ!(9分ちょっとの短い動画です)

動画を見た後にテキストを読むと、ライターさんがきちんと足りない言葉を足してくれているのがよく分かります。

両方見ることで、インタビュー原稿の書き方のヒントがたくさんもらえるような気がします。

この度は貴重な機会をいただき、ありがとうございました!

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。