EZUMiのマスクが届いた!着け心地よく快適!可愛すぎないので男性も◎

  • ブックマーク

私の弟、Yasutoshi Ezumi が手がけるファッションブランド・EZUMiから、マスクが発売されました。

マスクの生地はチェック柄。EZUMi 2020SSコレクションで制作したオリジナルチェック生地を使っているのだそう。

このスカートに使われている生地ですね!

マスク自体は3層構造になっており、中には伸縮素材のカットソー、顔に触れる部分にはコットン100%のガーゼを使用。そのほか、構築的かつ立体的な設計にするため、ダーツを採用。そうすることでふんわりと柔らかく顔を包んでくれる仕様となっています。

また、上下が異なるデザインになっており、顔に合わせて上下を変えて着用することも可能だそう。

着け心地、快適!

私が着けているのは、GREENのMサイズ。マスク中央が盛り上がっているので呼吸もしやすく、肌ざわりもいい感じです。なにより、可愛いので着けているだけでテンションが上がります!!!

まさか、マスクがファッションアイテムの一つになろうとは…。

慣れない自撮りをしてみましたが、正面から見たらこんな。
夫もつけてみました。

男性がつけても、可愛すぎることなく、いい感じ!

夫がつけているのは、NAVYのLサイズですが、ちょっとゴムにゆとりあり、夫もMサイズでよかったかも。

EZUMiのブランドは、Tシャツも2万円とか、スカートも4〜5万とか、ちょっと頑張らないと手が届かない値段ですが、マスクは1つ3,300円。洗って何回も使えるし!

服は高くて手が出ないけど、マスクなら!という方もぜひ!この機会にEZUMiブランドをおひとつ、いかがでしょうか。

江角悠子の情報はメルマガを中心に発信しています。

おかげさまで大変多くの方に購読いただいており「無料でここまで語ってもらえるなんて!」「あったかくてホッとして読むとやる気が出る、お手紙のようなメール」など、とっても好評です!!

私の講座やセッション、イベント等はメルマガのみでご案内することがほとんどなので、ぜひ下記写真をクリックして登録してみてください〜。

 

 

 

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\第8期京都ライター塾、受講生募集中/

ライター未経験の方や、ちょっと繊細な方も4カ月で「書くを仕事にする」ために必要なことが「ひととおり」学べる「京都ライター塾」。第8期は2023年1月からスタートします。

ただいま、受講生を募集しています!(※残席1)