EZUMiのマスクが届いた!着け心地よく快適!可愛すぎないので男性も◎

  • ブックマーク

私の弟、Yasutoshi Ezumi が手がけるファッションブランド・EZUMiから、マスクが発売されました。

マスクの生地はチェック柄。EZUMi 2020SSコレクションで制作したオリジナルチェック生地を使っているのだそう。

このスカートに使われている生地ですね!

マスク自体は3層構造になっており、中には伸縮素材のカットソー、顔に触れる部分にはコットン100%のガーゼを使用。そのほか、構築的かつ立体的な設計にするため、ダーツを採用。そうすることでふんわりと柔らかく顔を包んでくれる仕様となっています。

また、上下が異なるデザインになっており、顔に合わせて上下を変えて着用することも可能だそう。

広告

着け心地、快適!

私が着けているのは、GREENのMサイズ。マスク中央が盛り上がっているので呼吸もしやすく、肌ざわりもいい感じです。なにより、可愛いので着けているだけでテンションが上がります!!!

まさか、マスクがファッションアイテムの一つになろうとは…。

慣れない自撮りをしてみましたが、正面から見たらこんな。
夫もつけてみました。

男性がつけても、可愛すぎることなく、いい感じ!

夫がつけているのは、NAVYのLサイズですが、ちょっとゴムにゆとりあり、夫もMサイズでよかったかも。

EZUMiのブランドは、Tシャツも2万円とか、スカートも4〜5万とか、ちょっと頑張らないと手が届かない値段ですが、マスクは1つ3,300円。洗って何回も使えるし!

服は高くて手が出ないけど、マスクなら!という方もぜひ!この機会にEZUMiブランドをおひとつ、いかがでしょうか。

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期は未定。

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。