「亡くなった人と話しませんか」試し読みできます!

  • ブックマーク

ブックライティングを担当させてもらった本、スピリチュアル・テラー サトミさんの本「亡くなった人と話しませんか」。

[itemlink post_id=”21699″]

幻冬舎のサイトで紹介されており、本の一部が試し読みできるようになっています!

旅立った人の声を届けるために

京都をベースに「スピリチュアル テラー(届ける人)」としての活動をしているサトミさん。その生い立ちと、スピリチュアル テラーとして活動するに至るまで。

死後の世界は、必ずしも悲しい世界ではない

亡くなった人と会えなくなったり、おしゃべりできなくなったりするのは、とても寂しく、悲しいことではあるけれど一方で、死はこの世の誰もが平等に通る道。

サトミさんの考える死生観。

死ぬときは誰かが来てくれるのか

死後は、どんな世界が待ち受けているのかよくわからない。だからこそ、死ぬときはすでに先に逝っている誰かに迎えにきてほしいと思う気持ちは、よくわかります。

実際はどうなのかというと、亡くなったときに、迎えにきてくれる人はいます。ただ、生前にきてほしいと思っていた人に会えることは、まれなようです。

出版のきっかけとなった記事

サトミさんの本のライティングを担当させてもらうことになったのは、もともと私が個人的にセッションをしてもらっていたから。ある日、サトミさんにセッションしてもらったことをブログに書いたことがきっかけで、本を出すことになったのでした。

江角悠子の情報はメルマガを中心に発信しています。

おかげさまで大変多くの方に購読いただいており「無料でここまで語ってもらえるなんて!」「あったかくてホッとして読むとやる気が出る、お手紙のようなメール」など、とっても好評です!!

私の講座やセッション、イベント等はメルマガのみでご案内することがほとんどなので、ぜひ下記写真をクリックして登録してみてください〜。

 

 

 

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\第8期京都ライター塾、受講生募集中/

ライター未経験の方や、ちょっと繊細な方も4カ月で「書くを仕事にする」ために必要なことが「ひととおり」学べる「京都ライター塾」。第8期は2023年1月からスタートします。

ただいま、受講生を募集しています!(※残席1)