「ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン」登録者数100人を超えました!

  • ブックマーク

2020年2月から始めたメルマガ、ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

登録してくれる人が3ヵ月で100人を超えました!ありがとうございます!!

日々、メルマガを読んだ方からいろいろな感想が届くのですが、中でもとってもうれしい感想をいただいたのでご了承いただいて、紹介させてもらいます。

UIROさんは、「タイトルに惹かれてメルマガ登録しました」という40代女性の方。

先日長年勤めた会社を退職し、これから何をしようか考えているというタイミングで、このメルマガと出会ったのだと教えてくれました。

広告

登録してすぐに届いたメール

ライターを目指していたわけではないけれど、繋がりのあるお客様からフリーランスで、デザインの仕事を受けて欲しいと依頼があり、これからどうするかと悩んでいたところに、このレッスンの告知に出会ったのです。

私は、昔から文章を考えるのが非常に苦手で、これを機に何か勉強させてもらえたらなぁと思い、「えいやっ」と厚かましく登録させてもらっております。7日間楽しみにしていますね!よろしくお願い致します。

7日間のレッスン後にいただいたメール

『ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン』の受講が終了しました。ありがとうございました。

先述のとおり、私はライターを目指すという目的でないまま、厚かましくもレッスンを受講させてもらいました。

がっ!!

当初、勝手にイメージしていた文章を書くポイントを学ぶことより、自分のこれから進むべき方向において学べることが多々ありました。

『ライター』と『デザイナー』という形は違えど、フリーランスとして仕事を請けるかどうかを迷っていた時期です。フリーランスをどういう心持ちなどでトライしたら良いか、というアドバイスが沢山つまっていたし、仕事を通して結局何を実現したいかということを考えるきっかけももらいました。

まずは、「UIROさんと一緒に仕事したい」と言ってくれるお客様と直接仕事がしたい、答えは出ているなと再認識しました。今回のレッスンに後押ししてもらったように思います。

まだ、お客様と価格交渉中ですし、コロナの影響によってはどうなるかもわからない状況です。

一見すると失敗と思える出来事もどういう風に切り取るかで、人生は変わってくる。

この就職難な時期に辞めてよかったのかと迷うこともあったり、せっかく2ヶ月の有給があるのに旅行にも行けない。。。と気持ちが滅入る時もありました。

今は、この仕事がダメになっても、まだ失業保険の期間もあるし、家で吸収できることや準備できることがある。焦らずに取り組めるいい期間になりそうだと思って前向きです。

あと、何かを上手く伝えて発信できるというのは、ライターさんの仕事だけではなく、人生において周りの人とのコミュケーションに大きく役立つものですね。

『京都くらしの編集室』とてもいい屋号ですね。これからも沢山の人の人生の編集を導いてあげてください。私はいいきっかけをもらったと感謝しております。ありがとうございました。

————————————–

UIROさん、ありがとうございます!
とってもうれしい感想だったので、紹介させてもらいました!

ライターってどんな仕事してるのかな?フリーランスの働き方って?と思っている方の役に立つ情報もあるかと思います。ぜひお気軽に登録してみてください!

今月末からスタートする 「第2期 書くを仕事に!京都ライター塾」は、ライターになりたい人のための講座となっていますが、いつかライターを目指さすほどじゃないけど、書くことに興味があるという人にも、なにか、書く楽しさを伝えられるレッスンができたらいいなと思っています。

書くこと、編集する技術、人の話を聞くインタビュー技術など、ライターとしての技術は、より良い暮らしができるヒントが詰まっていると思っています。

興味ある方はぜひ、メルマガ登録お待ちしています!

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期は未定。

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。