自分に自信がなくて行動できないときは「自信がないまま進む!!」

  • ブックマーク

ライターになりたい人の相談にのることが多いのですが、よくあるお悩みが「自信がない」です。

●ライターの実績がないから、ライター仕事をする自信がない
●ライターに向いてるか自信がないから、挑戦できない
●ライターとしてやっていける自信がないから、会社員をやめられない

いやいやいや。
ライター実績ゼロ、経験ゼロで自信満々の方が困ってしまう。

だから、そりゃそうでしょう!!!としか言いようがない。

で、自信がついたら行動したい。どうしたら自信が持てるようになりますか?という相談も多いのですが、私が思ったのは、自信がついたらやろう…なんて、永遠に無理なんじゃ?ってこと。

私がフリーライターとして働き出したとき、自信があったわけではありません。ツテもない経験もない、自信もないけど、そのときの私は転職に失敗して行く会社もない。

やるしかなかったので、自信がないままやっていた、だけ。

今でこそ「京都ライター塾」も主宰していますが、最初から良い先生になれる自信があったから、始めたわけではありません。

全然自信はなかったけれど、やってみたかったので思いきってやってみたら、なんとかできているが正しい。

勇気を出してやってみたら、喜んでくれる人もいて

京都ライター塾の卒業生から「夢が叶いました!」とうれしい報告!

それがちょっとずつ自信になっているような気がしますが(良い先生になれているか、不安は常にある)

「自信がついたらやろう」だといつまでたってもできない。そんな日は永遠に来ない。

だから、自信がないままやってみて、やりながら自分で「自信を育てていく」のが正解じゃないかなぁと思ったのでした。

「自信がないまま進む」ことがすごく大事な気がする。

自信がついたらやるんじゃなくて、自信をつけるためにやる!

発想が逆。

最初から自信のある人なんていない。

江角悠子の情報はメルマガを中心に発信しています。

おかげさまで大変多くの方に購読いただいており「無料でここまで語ってもらえるなんて!」「あったかくてホッとして読むとやる気が出る、お手紙のようなメール」など、とっても好評です!!

私の講座やセッション、イベント等はメルマガのみでご案内することがほとんどなので、ぜひ下記写真をクリックして登録してみてください〜。

 

 

 

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライター未経験の方や、ちょっと繊細な方も4カ月で「書くを仕事にする」ために必要なことが「ひととおり」学べる「京都ライター塾」。ゴールは、単にライターになるだけではなく、理想の暮らしを叶えて幸せになるために、ライターとして活動する。そのための「書くを仕事にする」方法を余すことなくお伝えします。

第8期(グループ講座)は2023年1月開催予定です。