粛々と。

  • ブックマーク

家が大好きなので、引きこもるのは苦ではないのだけど、体力を持て余した子どもたちと一緒だと、そろそろ限界も近い。

大好きな志村けんさんまで亡くなって、ただでさえ鬱々としていた気持ちに、とどめを刺されたような。

——————-

そんな日々だけど、FM802のDJ・中島ヒロトさんが大好きで、昨日も夕飯を作りながらラジオを聴いていたら、中島ヒロトさんがいつも通りおしゃべりしてた。こんな時期なのに、いつもの、明るく元気な声を届けてくれて、ラジオを聴いていたら、すーごく安心した。こんなときの「いつも通り」って、すごい力をもらえるなぁって。

だから、私もいつも通り、いつも通りブログを更新して、いつも通りを大切に、今日1日を過ごしていこうと思ったのでした。

私は私で、今できることに注力するしかないなぁと日々自分に言い聞かせつつ。

広告

家あそび

最近の我が家の流行は、ジェンガやオセロなど。

大掃除

春になるとついついお出かけしたくなるけど。でも、まぁ、家で過ごすチャンスをもらったと思って、先日からごみ溜め場のようになったスペースを少しずつお片づけ。こんな機会でもないと、なかなか動けない。

片づけようとすればするほど、散らかるのなんで!!?の状態。

あまりの散らかりように、途中でいったん心が折れかけたけれど、なんとか片づけ完了!

掃除をするたびに思うのだけど、私たちは普段どれほどのゴミと一緒に暮らしているのだ? ここ最近だけで、一番大きなゴミ袋3つ分くらいの要らないものを捨てた。スッキリ!

そして、何年か振りに部屋のレイアウトを変えて、気分一新!ようやく薪ストーブの火を眺めながら寛げるスペースができたのでした。もう薪ストーブの時期は終わってしまって、つけていないんだけど。

来季は、このソファに座って珈琲を飲みながら、本を読んで、時々顔を上げて火を眺めて、眠くなったら昼寝して過したい。

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期は未定。

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。