【お仕事しました】「京都女子大学 by AERA 」(AERA Mook) 出ています~。

  • ブックマーク

AERAのムック本で、ちょっとだけ記事を書くのをお手伝いさせていただきました。
「京都女子大学 by AERA 」

text by 江角悠子(@ezu1030

スポンサーリンク



京都大学とか、東京大学とかいろいろな大学のムック本が出てるんですねー。
最初、「AERAのお仕事」で依頼があったとき、わたし難しい原稿書けないよー!
って焦ったのですが、私が担当したのは、いつもしているようなお店取材で。
よかったーって思ったのでした(笑)
いや、難しいのも書いてみたいですけどね!

別ページでは、世界一周した憧れのライターさん、
近藤雄生さんの名前もありました。同じ媒体に名前が載ってうれしい。ふふ。

京女のことが軸になったMook本ですが、
巻頭の写真がすごくきれいで、まずそこに惹きつけられました。
京女出身の女性カメラマンの篠塚ようこさんが撮影したそうなんですが、
写真は、淡いのにキリッとしてて、いいなぁって。

京女の歴史や卒業生の活躍の様子がインタビュー形式で載っていたり、
キャンパスライフを楽しむための京都情報が盛り込んであったり。

京女を目指す人じゃなくても興味深く読める内容で、
想像以上に楽しく読んでしまいました。
そんで、私も京女で学び直したいなぁって思ったり(笑)

大学案内とはまた違うけど、
こんな風に楽しく読める大学案内があったら、
高校生も絶対興味を持って読めるだろうなぁ。

 

取材に行ったのは4月末。
カメラマンさんはこの日初めましての楠本涼さん 。

楠本さんが現れた瞬間、さぁっと風が吹き抜けるような、
爽やかすぎるくらいに爽やかなイケメンカメラマンさんでした(笑)

 

こんな感じで、撮影。このお店、眺めが最高でした。

四条川端の交差点を上から眺めるって初めて。
いつも見ている景色が違って見えて、すごく新鮮でした。

知ってる人が見たら、どこのお店か分かりますよね~(笑)

本屋さんで見かけたら、ぜひ手に取って見てみてください。

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第4期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。