心が安定していないと、文章が書けない。

  • ブックマーク
  • -
    コピー

先月末からコロナウィルスで世間はゴタゴタ、ついでに家の中もゴタゴタしていたおかげで、全然ブログが書けなかった。

原稿もうまく書けないし…。心が安定していないと、文章って書けないのだなぁと改めて思い知った。

スピリチュアルテラー・サトミさんの原稿を書いているときも、そうだった。スピリチュアルな、心の奥深く潜ったところにあるようなものを書かないといけないため、心が健やかでないと書き進められず。

[itemlink post_id=”21699″]

その時間を確保することがなかなか難しく、完成させるのに2年もかかってしまった。

村上春樹のエッセイを読んでいると、毎日しっかり運動をして、変わらない毎日を送っていることを知り「いかに平常心を保つか」に細心の注意を払っているんだなぁと何となく思っていたけれど、それもこれも、すべては「書くため」だったのか!と、今はっきり分かった気がした。

このブログでは、読んだらちょっと楽しくなれるような、明るく前向きに、役に立つような記事を書きたいと思っているので、落ち込んだ今の私に書けることがひとつもなく。

noteに心のうちをそっとさらけ出し、心の平静を保っていたここの1〜2週間(心が安定してないと書けないけど、書かないと死ぬ、みたいな自分でもよく分からない状況)なのでした。

世間にも私の心にも、早く平穏が戻ってきますようにと願いつつ。

週末に王子動物園へ。

パンダがただただ笹を食べる様子を見ているだけで、癒された。パンダすごい。

書きたいけど書けない人へ。無料メルマガ配信中!

おかげさまで大変多くの方に購読いただいており「無料でここまで語ってもらえるなんて!」「あったかくてホッとして読むとやる気が出る、私宛のお手紙のよう」など、とっても好評です!!

私の講座やセッション、イベント等はメルマガのみでご案内することがほとんどなので、ぜひメルマガを登録してみてください〜。

 

 

 

 

\京都ライター塾を主宰/

ライター未経験の方や、ちょっと繊細な方も4カ月で「書くを仕事にする」ために必要なことが「ひととおり」学べる「京都ライター塾」。2024年1月スタートの第10期はグループ講座・動画視聴コース共に満席となりました。次回は、2025年1月開講予定です。最新情報はメルマガにてお届けいたします。

  • ブックマーク
  • -
    コピー

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。