イグニス クライミング ジム(出町柳)にて親子でボルダリング体験!楽しかった!

  • ブックマーク

河原町今出川の交差点、西南角にある日オープンしたボルダリングジム「イグニス クライミングジム」。

ジムの前にチラシが置いてあり、キッズ体験コースがあると知り、5歳の娘が前々からボルダリングに行きたい!行きたい!と言っていたので、連れていったのが昨年末のこと。

ジムは京阪出町柳駅からも近く、アクセスしやすい場所。

入口から想像できないくらい中は広い!

子連れボルダリングが体験できるメニューは、こんな。

キッズ利用料 子ども1人+保護者で 3,300円(レンタルシューズ代込み)
​※ 予約優先

シューズは借りられるし、運動できる服さえ着ていけば、手ぶらでフラッと行けるのがいい。

広告

ボルダリング初体験!

子どもは、ホールドのそばにクマやパンダ、キツネなど動物のシールが貼ってあるのを目印にゴールを目指します。クマならクマだけのシールがついているホールドを掴んでいく。

決まったホールドしか掴めないとは知らなかった…!

ルールは全然知らなかったけれど、始める前にスタッフさんが丁寧に説明をしてくれるので安心です。

始めるときは最初のホールドを両手でつかみ、両足を床から離してスタート。ゴールは、最終のホールドを両手でつかんだらオッケー。

ルールを理解してからいざスタート!

ボルダリングに行くと言ったら、なぜか保育園の体操服を着てきた娘。

最初は簡単なコースからなので、スイスイと余裕の娘。が、徐々に難しくなって一発ではゴールできなくなると、負けず嫌いの娘はぐずり出す(笑)

親は落ちないように後ろについてもいいけれど、子どもの身体を支えて次のホールドに進めるようにするのはNG。誰かの力を借りて進んでも危険だし、自分で考えて進むことが大切なのだとか。

見守るだけで、口出しはしないって、なんか子育てのようだなぁと思う。

失敗して挑戦して、自分の力でゴールする!

昨年末行って楽しかったので、今週も再び!リピートする場合は、

子ども1人1,650円(※保護者付添いが必要)

大人も体験したい場合は、初回と同じ料金になります。

前回から、ホールドの位置が2回変わっているそう。これなら、いろいろなコースが体験できていい(ホールドの位置って変えられるんだな!)

娘は5つくらいのコースを終えた後、ちょっと難しいコースに入り苦心していました。なかなかゴールのホールドまで手が届かない。何度も何度も落ちる。そして途中で集中力が切れぐずる。

でも、ここで親が手助けをすることはできません。

どこに足を置いて進めばいいか、身体の姿勢をどうしたらいいのか、もちろんヒントはあげられるのだけど、どう進むか決めるのは自分。手足を動かすのも自分。何度失敗しても、落ちても、やり方を変えて挑戦する。ゴールするためにはどうしたらいいかを考え、何度も挑戦する(途中何度もくじける。笑)

そうやって、ようやくゴールしたときの娘の嬉しそうな顔!

自分の頭で考えて、自分の力で進んでいく。

まるで人生のようだなと思う。

ボルダリングって素晴らしいスポーツだな。スポーツでそういう体験をたくさんして、それを人生に活かせたら、なんと素晴らしい。

キッズ体験では付き添いの親も体験できたので、私も初めてやってみたのだけど、これが実に楽しい!!!いかに足を移動させて、体勢を整え、次のホールドを掴むか。これが、クイズを解いているようで楽しい。ものすごく頭を使うけれど、それが心底、爽快!

失敗しても、次はこうしてみようと挑戦して、うまくいったときの達成感。これは日常では味わえないくらいの大きな喜びで、すっかりハマった!

移動距離は全然たいしたことないのに、ゴールするとうっすら汗をかくほど。落ちないように体全体の筋肉を使うので、きっとものすごい運動量なんだろうなと思う。ボルダリングって腕の力があればいいと思っていたけど、体幹を使わないとうまく進めないので、体幹が鍛えられる。

簡単なコースでは腕の力だけで無理やり移動することもできるけれど、レベルが上がるほどに、それでは通用しないことがよく分かる。

いかに無駄な力を使わず、移動するかを考えるのがめちゃくちゃ楽しい。そして成功したら、自分に自信が持てる。何よりゴールした瞬間がものすごく気持ちがいい。

こんなに感動的なスポーツだったのか!と思った私は今、会員になることを検討中。

無心になれるので、瞑想をしているような気持ちよさもある。

回数券買って、マイシューズを買って、ときどき行きたいなぁ。

キッズスクールへ入れたい

春休みには、期間限定のキッズスクールが開催されるそうなので、11歳の息子と娘と通わせようとも思っています。

子どもの教育に素晴らしくいいと思うんだよなぁ。

暗記させたり、詰め込み教育なんかさせるより。自分の頭で考えて、自分で行動して、自分でゴールをつかみ取るっていうの。

イグニス クライミングジム データ

京都市上京区河原町今出川大宮町 316
075-708-3707
平日10:00 〜3:00
土日祝10:00〜20:00
月曜日(祝日は営業)年末年始 休み
https://www.ignis-jp.com/

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\第2期ライター塾は5月末スタート!/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)の募集に関して、メルマガに登録してくれた方から先行してお知らせします。

ぜひメルマガにご登録ください!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。