その人の人生を尊重する。

  • ブックマーク

朝の瞑想で思ったこと。

どんなにタバコをやめてほしいと言っても、吸い続ける。
どんなにお酒を飲むのをやめてほしいと言っても、飲み続ける。
どんなに仕事をセーブして休んでほしいといっても、働き続ける。

その人を大切に思うからこそ、健康について心配して「お願いだから、もうやめて」と懇願する。

でも、やめない。

そうか、私はタバコ以下、お酒以下、仕事以下の存在なのかと無力感を覚える。

それでもめげずに何とかして、やめさせようとしたことがあった。一緒に年を取りたいし、健康で楽しく過ごしたい。そう思うからこそ、必死でやめさせようとしたことがあったけど、今はもう諦めた。

本人が気付かなければ、どうにもならないということが分かった。

その人は、タバコを吸い続ける人生を選んだのだ。お酒を飲み続ける人生を選んだのだ。

将来、肺ガンになる可能性が高まろうがなんだろうが、それでもタバコを吸う人生を選んで、まっすぐにその道を進んでいるだけなのだ。アルコールを飲んでまわりに迷惑をかけ、大切な人が離れていくかも知れないけれど、それも含めてその人がお酒を飲むということを選んだのだ。

働き続けて、過労死するかもしれない。けれど、それでもなお働くことを選んでいるのだ。

その人が決めたことなのだ。ならば、それを尊重しよう。

と最近は思う。

肺ガンになるかもしれないのはその人であって、私ではない。健康を害して、家族が悲しませるかもしれないけれど、それも私の人生ではない。すべてはその人の人生で、その人がそうなるように選択して生きているのだから、私が悲観したり悲しんだりする必要もない。

心配して、やめさせようとして、全然聞き入れてもらえず落ち込んで、それでも頑張って何とか変えさせようとしてきたけれど、もういいだろうと思う。

その人の人生を尊重しようと思う。

そして、尊重する中でどうしても自分がしんどくなるなら、その人と一緒にいることをやめればいいのだと思う。

そっと離れる。

その人はその人の思う人生を歩けばいいし、私は私の人生を歩けばいいのだ。人の人生に口出しするよりも、自分の人生をより良くすることに集中すればいいのだ。

これは、スピリチュアルテラー・サトミさんの中でも、同じようなことに触れている。

created by Rinker
¥1,430 (2020/04/08 17:56:30時点 Amazon調べ-詳細)

サトミさんは遅刻をする人のことを例に挙げていた。遅刻をする人は「遅刻をする」という人生を選んでいるのだから、いちいち怒る必要はないよと(そうは言っても腹は立つけど)。遅刻をし続ける人の人生がその後どうなるか。結局、遅刻をする人としての人生でしかないのだという言葉は私を強く励ましたのでした。

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\第2期ライター塾は5月末スタート!/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)の募集に関して、メルマガに登録してくれた方から先行してお知らせします。

ぜひメルマガにご登録ください!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。