グランドプリンスホテル京都「バー アスコット」

  • ブックマーク

だいぶ前、ホテルの冬カクテル特集であちこちのバーを回っていましたが、
1位を発表するのを忘れていました。

京都市内6ヶ所のホテルのバーで、いろいろなカクテルを試飲させてもらったけど、
私が一番おいしい!もう一回飲みたい!と思ったのは、
グランドプリンスホテル京都「バーアスコット」の「ホットクリスマス」(1200円)。

この写真、ちょっと光が強すぎて、あんまりよく見えないですが。

「寒い冬に飲んでホッとできるようなカクテルを」と
女性バーテンダーさんが考えたのが、この温かいカクテル。

オレンジリキュールにピーチジュース、ざくろシロップを混ぜたものに、
ブルーマロー・レモングラス・ローズなどブレンドしたホットハーブティーを注げば完成。

カクテルの上にはベルローズの小さな花びらが浮いていたり
クリスマスをイメージした赤い色もキレイだし、
砂糖で飾り付けされたグラスや、星をかたどったトッピングなど、
かわいらしい見た目が楽しめるのもいい。

そして本当においしかったー。
飲む前からハーブティーのいい香りがホワ~ンと漂って、
すっきりとしたさわやかな甘さがあって、飲みやすいし。
体も温まるけど、やわらかな湯気を見ていたら心も温まる。

ちなみにこのカクテルが飲めるのは年内。12月31日(月)までです。

店内はこんな感じ。
この写真はイマイチですが(載せないほうがいいかもって言うくらいイマイチ)
本当はオレンジの穏やかな照明に包まれた、とってもいい雰囲気なのです。
英国調で揃えられた家具と、昭和を思わせるレトロな雰囲気も私は好き。

そしてチャージはなし。
ホテルの宿泊客だけではなく、地元の常連客もよく来るんだそう。
意外や意外。ホテルのバーって結構穴場かもしれない。

カクテル1杯1200円はちと高いですが、バーならそんなもんですか?
クリスマスだから、いいのかもね。

グランドプリンスホテル京都「バー アスコット」
住所:京都市左京区宝ケ池
電話:075(712)1117(直通)
時間:午後6時~10時(金・土・休前日は~午前0時)

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。