HANARE BAR KURA

  • ブックマーク


知る人ぞ知る、まさに隠れ家的BARを発見。
発見と言うか取材に行ったのですが、こんなとこにお店あったの?
と驚いたので。ココ知ってたら、ちょっと自慢したくなるようなバー。
なので、早速自慢。

博多で人気のラーメン店・一風堂がプロデュースするお店「京都五行」。
焦がし醤油麺とか焦がし味噌麺とか、
いかにも食欲をそそられるようなラーメンのほかに、
一品料理もあって、お酒も飲めるちょっと高級感のある居酒屋さんのような
このお店の中に入り奥まで行って、一度外に出て
さらにその先にあるのが「HANARE BAR KURA」。
日本語で書くと「離れバー蔵」。

築100年の古い蔵を改装したこじんまりとしたお店なんだけど、
この狭さが妙に居心地がいい。
店内はキュッと狭いけど、カウンターのソファのような低いイスは
大きめでカップルなら二人で座れそうなほどゆったり。
バーというと、足をブラブラしたくなるような高いスツールを
思い浮かべるけど、べったり足が着くほとんどソファのようなイスっていうのも
居心地がいい理由かも。

おつまみとなる一品メニューも、乾きもんばかりじゃなく
明太子をあぶったのとか、海ブドウとか、ちょっと凝ってて、いい。
バーでお酒を飲んで、隣りでラーメン食べて帰るっていうのもアリだし。

こんなとこ、サラッと連れてってもらえたらオシャレ。

HANARE BAR KURA
住所:京都市中京区柳馬場通蛸薬師下ル十文字町452
電話:075-212-8701
午後7時~翌午前3時
無休 チャージ300円


最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。