HANARE BAR KURA

  • ブックマーク


知る人ぞ知る、まさに隠れ家的BARを発見。
発見と言うか取材に行ったのですが、こんなとこにお店あったの?
と驚いたので。ココ知ってたら、ちょっと自慢したくなるようなバー。
なので、早速自慢。

博多で人気のラーメン店・一風堂がプロデュースするお店「京都五行」。
焦がし醤油麺とか焦がし味噌麺とか、
いかにも食欲をそそられるようなラーメンのほかに、
一品料理もあって、お酒も飲めるちょっと高級感のある居酒屋さんのような
このお店の中に入り奥まで行って、一度外に出て
さらにその先にあるのが「HANARE BAR KURA」。
日本語で書くと「離れバー蔵」。

築100年の古い蔵を改装したこじんまりとしたお店なんだけど、
この狭さが妙に居心地がいい。
店内はキュッと狭いけど、カウンターのソファのような低いイスは
大きめでカップルなら二人で座れそうなほどゆったり。
バーというと、足をブラブラしたくなるような高いスツールを
思い浮かべるけど、べったり足が着くほとんどソファのようなイスっていうのも
居心地がいい理由かも。

おつまみとなる一品メニューも、乾きもんばかりじゃなく
明太子をあぶったのとか、海ブドウとか、ちょっと凝ってて、いい。
バーでお酒を飲んで、隣りでラーメン食べて帰るっていうのもアリだし。

こんなとこ、サラッと連れてってもらえたらオシャレ。

HANARE BAR KURA
住所:京都市中京区柳馬場通蛸薬師下ル十文字町452
電話:075-212-8701
午後7時~翌午前3時
無休 チャージ300円


江角悠子の情報はメルマガを中心に発信しています。

おかげさまで大変多くの方に購読いただいており「無料でここまで語ってもらえるなんて!」「あったかくてホッとして読むとやる気が出る、お手紙のようなメール」など、とっても好評です!!

私の講座やセッション、イベント等はメルマガのみでご案内することがほとんどなので、ぜひ下記写真をクリックして登録してみてください〜。

 

 

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライター未経験の方や、ちょっと繊細な方も4カ月で「書くを仕事にする」ために必要なことが「ひととおり」学べる「京都ライター塾」。ゴールは、単にライターになるだけではなく、理想の暮らしを叶えて幸せになるために、ライターとして活動する。そのための「書くを仕事にする」方法を余すことなくお伝えします。

第8期(グループ講座)は2023年1月開催予定です。