JAグループの月刊誌「家の光」にて、孫育てについてエッセイを書かせてもらいました!

  • ブックマーク
  • -
    コピー

毎月1日に発行されるJAグループの雑誌「家の光」8月号で、エッセイを書かせてもらいました。巻頭特集「イマドキ孫とのつきあい方」の中で掲載されている、孫育てをテーマにしたエッセイ。

今回、エッセイを書く機会をいただいたことで、ぼんやり感じていたことを、きちんと言語化できて良かったなぁと思いました。

見開き2ページにわたって掲載してもらえるとか、本当に嬉しい。 最近はWEBで書くことが増えましたが、やはり紙媒体でのお仕事は進行の仕方も違うし、ちょっと手間がかかるし、その分、完成して手にすると特別な喜びがあるなぁと思います。

手にする人は限定されるのかもしれませんが、お手に取った方ぜひ読んでみてください。

私は今回初めて雑誌「家の光」を拝読したのですが、最初から最後まで抜かりなく濃い内容で、1ページ1ページとても丁寧に作られていることが伝わってきました。めちゃくちゃ読みごたえがある!(だからこそ、この1冊にどれほどの労力がかけられているのだろうかと驚愕…!)

そんな「家の光」にエッセイを掲載していただけるとは、改めて光栄なことだと感じました(冊子には、先輩ライターの宮下亜紀さんの書いた記事もあって嬉しかった)

今回のお仕事は、ブログ経由で依頼をいただいたのですが、きっかけとなったのは、もう8年以上も前に書いていた子育てエッセイだったそうです。実績を載せておくのは大事だなぁと改めて。いつ芽を出すか分からない…。

そんなわけで、引き続き、エッセイのお仕事お待ちしています!!!(京都暮らし、洋館、子育てなどについて書くことが多いです)

書きたいけど書けない人へ。無料メルマガ配信中!

おかげさまで大変多くの方に購読いただいており「無料でここまで語ってもらえるなんて!」「あったかくてホッとして読むとやる気が出る、私宛のお手紙のよう」など、とっても好評です!!

私の講座やセッション、イベント等はメルマガのみでご案内することがほとんどなので、ぜひメルマガを登録してみてください〜。

 

 

 

 

\京都ライター塾を主宰/

ライター未経験の方や、ちょっと繊細な方も4カ月で「書くを仕事にする」ために必要なことが「ひととおり」学べる「京都ライター塾」。2024年1月スタートの第10期はグループ講座・動画視聴コース共に満席となりました。次回は、2025年1月開講予定です。最新情報はメルマガにてお届けいたします。

  • ブックマーク
  • -
    コピー

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。