育児エッセイ(01)「平成子育て日記」

  • ブックマーク

今年の3月に、2年続いたエッセイの連載が一区切り。
1年目の生命をテーマにしたエッセイはアップしていましたが、
2年目の育児をテーマにしたエッセイは、滞ったままだったので、
またのんびりと更新していきたいと思います。

まずは、昨年4月の「平成子育て日記」から。

赤ちゃんが生まれてしばらくしてぶつかった壁。
それは、「抱き癖が付く」という感覚、世間の認識。

先輩かあさん、特に自分の母親世代に言われていたことですが、
時代によって育児に対する考え方がずいぶん違うのだなぁ
と思ったことなどなど、書き綴っております。 

私、今思い出しても、「抱き癖がつく」なんて感覚は無視して、
もっともっと抱っこすればよかった!って腹立つくらい、忌まわしいことです。ホント。

 ↓クリックしたら拡大表示に。


妙心寺発行:月刊誌『花園』4月号(2012.4.1)掲載


子育てについては、4年半経った今でもまだまだ試行錯誤。
子どもがずーっと0歳のままならまだしも、どんどん成長していく中で
どう接していけばいいのかは、どんどん変わっていく=私は常に新米かあちゃんなわけで。


エッセイの連載は終わったけれど、
育児を通してそのときどきに感じたことは、
またブログにでもちゃんと残していきたいなぁと思ったりしています。

 

江角悠子の情報はメルマガを中心に発信しています。

おかげさまで大変多くの方に購読いただいており「無料でここまで語ってもらえるなんて!」「あったかくてホッとして読むとやる気が出る、お手紙のようなメール」など、とっても好評です!!

私の講座やセッション、イベント等はメルマガのみでご案内することがほとんどなので、ぜひ下記写真をクリックして登録してみてください〜。

 

 

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライター未経験の方や、ちょっと繊細な方も4カ月で「書くを仕事にする」ために必要なことが「ひととおり」学べる「京都ライター塾」。ゴールは、単にライターになるだけではなく、理想の暮らしを叶えて幸せになるために、ライターとして活動する。そのための「書くを仕事にする」方法を余すことなくお伝えします。

第8期(グループ講座)は2023年1月開催予定です。