今週末開催のトークイベント「HINT ~人生をデザインしよう~@三木半旅館」に行きまーす。

  • ブックマーク

詳しくはよく分かっていないけれど、「京都デザイン文化祭」なるものが
先日より始まっているそうです。

それは何かというと、HPによると、

大人から子どもまで、年齢を問わず楽しむことができる京都の新しいお祭り、
だそうで、京都市内の各地でさまざまな催しが開かれているよう。

で、 その中で私は、今週末に開催されるトークイベント
「HINT ~人生をデザインしよう~@三木半旅館」というのに参加しようと思っています。

というのも、このブログで何度か紹介していますが、
世界一周をしたライターの近藤雄生さんのトークが聴けるので!

今回は、自分を磨く、世界旅行のすすめというテーマだそうで、
これを聞いたらまた旅に出たくなりそうな予感。

そのほか、

出版メディアの可能性
活躍する女性の条件
恋と仕事 はたらく女のリアル・トーク

と、いろいろなゲストの方が登場し、多彩なお話が聞けるよう。

それにしても、なんちゅう楽しそうなテーマ設定!
これ全部聞いても3000円(当日4000円)とはお得すぎる!
ということで、予約完了。

これ全部聞いてたら、12:00~21:00まで缶詰状態ですが、
イベント自体への途中参加・途中退場は自由、
トークとトークの間には、登壇ゲストの方と参加者がお話しできたり、
三木半旅館の特製グルメが登場したりするそうで、そちらも楽しみ。

興味ある方はぜひ。

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。