京都・祇園祭 宵々山のち、丸太町の焼鳥一番へ 

広告

猛暑にくじけそうになりながら、昨日、宵々山に行ってきました。

ベビーカーはあの人混みでは無理だろうとおんぶ紐にしたら、激あつ!

暑いじゃなく、もはや熱い。

さて、今年の粽はどこにしようかなぁ、
金運開運の郭巨山もいいなぁと思ったのですが、

けっこう西の方に位置しており、暑い中歩くのを断念。

駅から割と近くにあった出世開運の鯉山の粽にしました。

夕方5時半くらいだと、まだ行列もできておらず。

すいすいと中に入れました。


写真OKポイントがあったので、撮らせてもらいました。絢爛豪華!


ご朱印も忘れずに。

この日、ご朱印ポイントをうろうろしていたら、

乙女のご朱印帖を持ってまわっている人を何人も見かけました!うれしい~。

そして、妊婦の友人に安産のご利益があるという船鉾の粽を購入。


息子、スーパーボールすくい(300円)に挑戦するも、
1個も取れず(取れなくても5個もらえました)

そして、あまりの人の多さにくじけて、さっさと撤収することに。
四条烏丸エリアを避け、丸太町の焼鳥一番へ。
一人暮らしをしていた頃、通っていた懐かしのお店。
店主の人もスタッフの人も10年ぶりくらいだったのに覚えていてくれました!

メニューもほぼそのまま。
これこれ、私の好きなやつ。

スペシャルサラダ。




焼き鳥。


とりわさ。
これちょっとワサビ入れ過ぎてない?っていうくらいツーンと鼻に来ますが、

これがクセになるおいしさ。 ビールに合うんだこれ(たぶん)


チーズパリパリ。チーズを餃子の皮で包んだだけというシンプルなメニューなのに

おつまみには、ホント最高。2皿頼んじゃいました。さて、台風が近づいてきているようですが、
明日の巡行はどうなるのでしょうか。
あまりに強い風、山鉾は倒れないのかなぁと思ったり。
夜中のうちに過ぎてくれることを祈ります!

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

広告

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします

\「ライターお悩み相談室」を開催/

フリーライター歴12年のわたくし江角が、毎回違ったゲストを招いて、ライター業に関するさまざまな疑問、お悩みの相談にのっています。

お知らせ

月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。京都で活動するフリーライターのここだけの話。短いエッセイや日々の気づきなどを綴っています!