「美山町自然文化村 河鹿荘」キャンプにBBQ、川遊びもできる最高の場所!大浴場もある!

  • ブックマーク

8月最後の日曜日、あまりにも天気が良く風が気持ちよかったので、美山まで行ってきました。

text by 江角悠子(@ezu1030

美山町自然文化村 河鹿荘がとてもよかった!

まだ息子が3歳くらいだった頃、一度ふらりと訪れて「あそこの川よかったな」と覚えていたところ。「美山町自然文化村 河鹿荘」のすぐそば。

夏の終わりのせいか、人はそれほど多くなく河原でバーベキューをする人、お弁当を食べる人、ちょうどいい感じでまったり。

動画撮影、忘れずに。夫が購入したのはこれ。小さくて軽くて、これなら持っていこうかなという気になる

最初は河鹿荘のレストランでお昼ご飯でも食べようと思っていたのだけど、外があまりにも気持ちよくすぐ近くのお店でおにぎりを買ってきて、河原で食べたのでした。

そのおにぎりというのが、買いに行ったら店には置いてなかったのだけど、夫が「おにぎりは置いてないんですか?」と聞いたら、「ちょっと待ってくれたら、作れるよー」ってことで、その場で作ってくれたできたてのおにぎり。

おいしい。

そしてこちらが、川から歩いて3分ほどのところにある「美山町自然文化村 河鹿荘」。

これは宿泊もできる施設で、レストランや売店、レストラン、大浴場などもあってサービス充実!

たっぷり川遊びをした後に、日帰り入浴をしに立ち寄ったのだけど、大浴場がこれまた気持ちいい。露天風呂もあって、シャンプーやリンスが川を汚さないようにと考えられたナチュラル系のもので、これもすーごくいいなと思ったのでした。

【外来入浴の営業時間】11時00分~20時00分
大人500円(税込)
小人(4歳~小学生)300円(税込)

 

次は、ぜひキャンプをしにここへ訪れたい。お風呂が歩いてすぐ近くにあるというのがいい。

それにしても美山の自然があまりにもよくて、
なんとかここに別荘が買えないかと思うほど。

京都市内から2時間。週末をここで過ごせたら、どんなに楽しいだろうなぁ。

美山町自然文化村 河鹿荘


京都府南丹市美山町中下向56
0771-77-0014
http://miyama-kajika.com/

子連れキャンプで行ってよかった!

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。