「京都・ライター忘年会2019@下鴨デリ」楽しく濃く終了しました!!

  • ブックマーク

先週開催した「京都・ライター忘年会2019」、大盛上がりで終了しました!参加してくださった皆さま、ありがとうございます!!!

忘年会が始まる前に、ライターさんの1人が「仕事で大惨事があり、もう忘年会行けないかも…!」と連絡があり(結局、なんとか参加できることになったのですが)、そんなことがあると、大惨事がないライターさんも、年末進行の仕事で忙しい中をやりくりして忘年会に来てくれるわけだし、私もだけど子どもを預けたり、とにかく参加してくれるライターさんはみんな数々の修羅場をくぐり抜け、忘年会にたどり着いてくれたのだなぁと思うと、ホント奇跡の集まりだなぁと感激したのでした。

そして、やっぱりリアルで会ったときにしか話せないことがたくさんあって、ホント充実の3時間半でした(3時間のはずが楽しすぎて終われなかった)

何を話したのか、参加者の1人・なぎさんがまとめてくれていたので、ご紹介。

一番面白いのがリアルなお金の話(笑)あとは、こんなことがあって大変だった(ライターあるある)、文章書くときこんなことしている、などなど、同業者だからこそ、あ・うんで通じる話がたーくさんあって、本当にうなづきっぱなし、笑いっぱなし!!!皆さん、ライターだから話を聞くのがうまいし、ホント良いことを言う!

ライターの友だちができると、仕事の奪い合いになるかもしれない、ライバル同士でギスギスするのかも…なんて思っていたけれど、この日感じたのは、ライターの友だちというよりは、ライター仲間って改めて素晴らしいなぁということ。

誰かがこんなことしてる、どうだろう?みたいなことを打ち明けると、それなら、こうしたらいいのでは?あれは?これは?みたいな、みんながみんな、全力でどうしたら良くなるかをアドバイスしはじめて、素晴らしいなぁってちょっと泣きそうになるくらい(笑)

ライター同士、蹴落としたりすることあるのかも…って思ってたけど、全然その逆だった。高いところへ引き上げてくれて、お尻を叩いてくれて、刺激を受けて、私も負けられないなって奮発できたり。

ふだんは孤独に活動するライターだけど、だからこそ、たまにはこうして仲間と会って、力をもらってまた孤独な作業を頑張るっていうの大切だなぁと思ったのでした。

参加してくださった皆さまのつぶやき

今回、参加してくださったのはTwitterつながりの方ばかりでした。というわけで、初めましての方もなんとなく知ってるし、会ってはいなくても普段Twitterでの発信を見ているので、話が早い!という印象。終わった後は、いろんな方がつぶやいてくださってて、とてもうれしかった。

「下鴨デリ」おいしい料理の数々!

下鴨デリのお料理、今回もバラエティーに富んでいて、ボリュームもすごく、お腹いっぱい、大満足!ありがとうございました!

ライター塾、参加者募集中です!

来年1月から、5人の仲間とともに切磋琢磨しつつライターの基礎を学んでもらう小さな集まり書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)。

\残4席となっています!/

今必要とされている「書いて伝える、届ける」までを、しっかり伝えていきます。

全5回の講座内容

(1)ライターとは
(2)インタビュー講座(人生を変える「聞き方」メソッド)
(3)文章講座①
(4)文章講座②
(5)SNS発信で新規仕事を得る

▼▽▼詳細はこちらをどうぞ▼▽▼

今回が第1期となるので、5名さま限定、初回のみの価格となっています。
※分割払いをご希望の方は、お気軽にご相談ください。

https://writerkyoto.doorkeeper.jp/events/99258

わたし
ライター塾、企業の方もお待ちしています!

 

年明けには、個別相談会も予定しています!

気になる方は、お問い合わせください!

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第4期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。