我が家の冬支度2019〜薪ストーブの煙突そうじ完了〜

広告

11月も最終週。

石油ストーブはすでに2つ出して使っているのだけど、来たるべき本格的寒さに備えるため、ぼちぼち薪ストーブが使えるように準備。

1年に1回の煙突掃除。これを怠ると最悪火事にもなりかねないので、欠かすことのできない作業。

煙突の一部を外して、そこから先にタワシのついた長い棒を入れて、ススを取る。

今年取れたススはこんな量。

よく乾いた良い薪を上手に燃やすと、ススは少ない。

煙突掃除も無事に終わり、これでいつからでも薪ストーブが使える!!

寒さどんと来い!の気持ち。

広告

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\第1期ライター塾の参加者募集中!/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)2020年1月22日(水)からスタートします!

お知らせ

月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。京都で活動するフリーライターのここだけの話。短いエッセイや日々の気づきなどを綴っています!