京都・国際会館駅すぐ「グリルじゅんさい」とろけるクリームコロッケを食べに。

  • ブックマーク

入院中、病院の食事はまずくはないのだけど、プラスチックのお皿、
ひとり壁に向かってぼそぼそ食事する感じ…

もうおいしいご飯が食べたくて食べたくて!

で、退院後まず向かったのがおいしいご飯屋さん。
地下鉄「国際会館」駅のすぐそばにある洋食屋さん「グリルじゅんさい」です。

街の中心地からは少し離れているけれど、いつ見ても満席な人気のお店です。

お昼のランチセットは、煮込みハンバーグ+下記の中から1品、
ご飯、サラダ、味噌汁、お漬け物がセットで1000円。

●エビフライ タルタルソース
●チキンささみのガーリックバター詰めフライ
●ポークカツ あっさりソース
●クリームコロッケ(エビ)2ヶ
●サーモンフィレのフライ タルタルソース

などなど8種類くらいから、選べます。
そのほかのメニューは、HPに→

ずいぶん前に取材させてもらったとき、
試食させてもらったクリームコロッケがあまりにおいしくて…。
行くたびにオーダーするのは、やっぱりコロッケ。

_

コロッケ2個に煮込みハンバーグ、サラダも大盛りで、結構なボリュームです。
そして、カリカリに揚がったコロッケの中のベシャメルソースがもう!
とろりと口の中でとろける柔らかさがもう!

このおいしいさで、このボリューム。
本当に1000円でいいですか?と思います。

で、ご飯と味噌汁、お漬け物がセットというのが、またいいんですよね。
サラダのドレッシングも自家製で、これまたおいしいので、もりもり食べられます。

平日の昼間でしたが、この日も入れ代わり立ち代わりお客さんがやってきて、常に満席の状態。
ホーントおいしいお店って、皆さんよくご存知。

次こそは、コロッケ以外のメニューをオーダーしようと思いつつ、
次回もやっぱりコロッケを食べているような気がします。

グリル じゅんさい
住所:京都市左京区岩倉南大鷺町22
電話:075-721-1035
時間:
11:30~14:30( LO 14:00)
17:00~22:00( LO 21:10)
土日は、昼LO14:30
休み:水曜定休(祝日の場合は翌日休み)
駐車場:6台

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。