サザンオールスターズのライブ@京セラドーム大阪へ参戦!

  • ブックマーク

日曜日に、サザンオールスターズのライブに行ってきました!

はるばる京セラドーム大阪まで!夫が「神」と崇める桑田佳祐の生声を聴くために!

私もサザンの歌は大好きで、中学生の頃からずっーと聴いてるけど、自ら進んで行くレベルではなく、夫と出会ってなかったら、ライブに行くことはなかったかもしれない。が行ったらどんだけ楽しいか!どれほど素晴らしいか。人との出会いがいろんなことを変えてくれるのだなぁと思いつつ。

広告

いてもたってもいられず早めに到着

開演は17時ですが、気が急いて急いて、到着したのがちょうど開場時間となる15時。

グッズ売り場はすでに長蛇の列。夫が赤のライブTシャツとタオルを購入。

看板の前で記念撮影もして、気が済んだので、いざドームの中へ。

入場する際に「本人確認」があるので、時間がかかるかなと思いきや、開場してすぐだったので並ぶことなく、スムーズに中へ。

しっとり聞いて、ときに大騒ぎして

今回のライブは古い曲が多くて、半分くらい知らない曲だったのだけど、一足早く新曲が聴けたり、「勝手にシンドバッド」で大騒ぎしたりと、毎回飽きさせることのないザッツエンターテインメント!!

桑田さんの何がスゴイって、ファンに対する感謝がすごい。ありがとう、ありがとうってライブ中に何度も言っていて、いやいやいや。素晴らしい歌声をメロディーを届けてくれて、こちらこそありがとう!なのに。

こんなに売れているバンドなのに、あの姿勢は素晴らしいなぁと感動。桑田さんのナマ声、いつまでも聴いていたかったなぁ。「博多や広島でもライブしてきましたが、全然盛り上がらなくて。大阪だけですよ、こんなに盛り上がってくれるの」とかいう、見え透いたおべんちゃらも桑田さんが言うと全く嫌みなく面白くて、とにかく最高。

各席に置いてあったパンフレット。翌日、娘が見つけて「これどうしたの?サザンからもらったの?」と私に訊ねる。サザンにもらう!

私は「ただの配布されたパンフ」と思っていたのだけど、「サザンからもらったパンフ」だと思ったら、ただのパンフがサザンからの贈り物のようにも思えてきて、それはなんて素敵な表現なのだろう!!

今回のライブのスポンサーが「三ツ矢サイダー」ということで、ライブ終わりにサイダーのお土産。サザンオールスターズ40周年のイラストも描かれている特別なサイダー。

飲めないじゃないか(私は飲むけど)。

飲んだあとの缶は捨てたいけど、夫は大事に取っておくのだろうなぁ。

akippaで駐車場を事前予約!これは感動もののサービス!

今回、大阪ドームまでは車で行ったのだけど、駐車場はあるのだろうか?と不安に思っていたら、夫が「akippa」というサービスを見つけてきて、ものすごく助かった。

どんなサービスかというと、目的地周辺の駐車場をあらかじめ予約しておけるというもの。

目的地に着いたはいいが、駐車場がなくて空きを求めて探し回る…ということはよくあるけれど、「akippa」を理由して、あらかじめ予約しておけばそんな必要もないということ!なんという素晴らしいサービスなのだろうか!感動もの!思いついた人天才!

特にライブ当日は混雑するであろう大阪ドーム周辺の駐車場。が、この日はサービスを利用して、大阪ドームまで徒歩10分駐車場を予約しておいたので、なんの心配もなくスムーズに会場に行けた。

ライブは楽しいけど終わった後へとへとになりながら、満員電車に乗るというのがつらかったので、帰りも車の中でサザンの曲を聴きながらゆったり帰れたのが本当によかった。

このサービスおすすめです!

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期は未定。

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。