子どもたちと映画「メリー・ポピンズ リターンズ」を鑑賞!

  • ブックマーク

大好きな映画の一つ「メリー・ポピンズ」が、再びスクリーンに戻ってくる!とのことで、4歳児と10歳の小学生を連れて行ってきました!

「メリー・ポピンズ リターンズ」のお話は、古い映画の続編のような感じ。

舞台はロンドン─ミステリアスで美しい魔法使いのメリー・ポピンズが、母を亡くし、ピンチに陥った家族のために突然空から舞い降りた。ちょっと“上から目線”でエレガントな彼女の魔法によって、家族が再び希望を取り戻し、更なる困難に立ち向かって行く様子を描く。

公式サイトより

大人も楽しめるメリーポピンズ!

映画は、古い「メリー・ポピンズ」の流れを汲みつつ、また新しいメリー・ポピンズを見せてもらったよう。懐かしいエピソードが盛り込まれていて、古い映画のファンも嬉しい作り。

今回の映画はとにかく映像がきれいで、海に飛び込んで海底で泳いだり、風船を持って空を飛んだり。あぁ、こんなことできたら本当に楽しいだろうな!という夢の世界をこれでもか!と見せてもらった。歌も楽しく、思わず体が動き出すような感覚。

歌詞をみていると、生きていくのを少し楽にしてくれるような含蓄を含んだメッセージが込められていて、深いなぁ、子どもはどこまで理解できるかなと思いつつ。

童心にかえって夢中で見終わった後は、とにかくスカッとハッピーな気分になれる、そんな映画でした!

字幕版と吹替版がある

洋画には当然だけど、字幕版と吹替版があり。

今回チケットをネットで予約していったのだけど、4歳児がいるというのに、字幕版で取ってしまって大失敗…!キャンセルも返金も叶わず。

しょうがなくそのまま字幕版で鑑賞しましたが、小4の息子は字幕版でついていけたようでよかった。

4歳の娘は、夢いっぱいの映像と楽しい歌のおかげもあって、吹替とかどうとか関係なく、楽しんでいたよう。上映時間が2時間と長く、途中で眠くなってグズってはいましたが、何とかみんなで最後まで鑑賞。

ドラえもんとか観るときは、何の気になしに予約していたので、そうかこんなこともあるよな、今度から気をつけようと思ったのでした。

古い映画を再び鑑賞

リターンズの映画を観ていたら、どうしても古い方の映画も観たくなり、アマゾンのプライム・ビデオで配信されていたので、200円ほどでレンタルして鑑賞。

大人になってみると、子どもの頃に観た印象とはまた違っていて、こんなにも人生を裕にしてくれそうなメッセージが込められていたなんて。

「スーパーカリフラジリスティックエクスピアリドーシャス」の魔法の言葉は、今でも覚えていた…!

思い入れがある分、やっぱりこちらのメリーポピンズの方が好きだなぁと思うなど。

長くつ下のピッピにメリーポピンズ、小さな頃に好きだったものに触れると、すごく幸せな気持ちになれるな。

江角悠子の情報はメルマガを中心に発信しています。

おかげさまで大変多くの方に購読いただいており「無料でここまで語ってもらえるなんて!」「あったかくてホッとして読むとやる気が出る、お手紙のようなメール」など、とっても好評です!!

私の講座やセッション、イベント等はメルマガのみでご案内することがほとんどなので、ぜひメルマガ登録をしておいてください〜。

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第5期は2021年夏に開催予定。

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。