【オンラインショップに変更】京都・北野天満宮そばの雑貨屋「ムスビメ」へ。必ず欲しい文具に出会ってしまう!

広告

京都デジスタイルのコラムでも紹介した「京都の雑貨店 ムスビメ」さん。取材時に購入したペンが気に入って、手書きするときは常にそれを使っていたら、すごい勢いでインクがなくなったので、替えのインクを購入しに再びムスビメさんに行ってきました!

text by 江角悠子(@ezu1030

京都の雑貨屋「ムスビメ」さん

大のお気に入りとなったのはぺんてるのトラディオというペン。水性でスラスラと書けるというのに加えて、このペンで書く自分の文字が好き、ということが大きい。

あまり自分の書く字を好きとは思えないし、もっとうまく書けたらなぁとは思うのだけど、このペンで書く自分の字はまだ愛せるというか、書いていてとにかく気持ちがいい。

取材ノートにメモするのにずっとボールペンを使っていたけれど、このペンに出合ってからはこれを使うようになりました。おかげで減りが早く、インクが切れたらどうしよう!と不安で落ち着かなくなってしまったので、今回「ムスビメ」さんに駆け込んだのでした。

で、お店ではさっと替えのインクだけ買うつもりが、なぜかまたこんなにもいろいろと買ってしまう。ぺんてるのトラディオ、青インクのものを使っていたのだけど、黒インクも欲しくなり追加。

右上のパーソナルのノートも前回購入して、すごく書き心地がいいのと紙質が好みだったので、これまたサイズ違いで追加購入。書くときにパカっと180度開くのも気持ちがいい。

面白そうな付箋が追加されていたので、見ていたら、これまた欲しくなり購入。
キングジムの「暮らしのキロク」という商品で、飲んだコーヒーや見た映画を記録でき、そのままノートに貼れるというもの。

全28種ある中からムスビメさんのところには6種ほど置いてあったかな。

昔懐かしい、図書カードを彷彿とさせるようなデザインにやられた!

最後は、ムスビメさんの商品で、作家いしいしんじさんとコラボしてできたハンカチ(1800円+税)。

ハンカチとして使えるのはもちろん、お出かけ先や移動中に親子とコミュニケーションツールとして使えるというもので、ハンカチにはお話のかけらが書いてあり、そこから空想ゲームをしたり、言葉遊びをしたりできるという優れもの。

このアイデアを聞いたとき、なんて素晴らしいんだ!と思ったのです。子どもが退屈しそうな、ちょっとした隙間時間を埋めるのに本当に助かるし、アイデアがいい!!!

早速3歳の娘に試してみたら、案の定楽しそうに話にのってきてくれて、9歳の息子はもう無理かなと思ったら、意外と真剣に頭を悩ませてみたり。

お出かけにいろいろ重宝しそうです。

 

ムスビメ


075-406-1369
不定休のため来店前にはHPのカレンダー要確認(日・月・火曜が休みになることが多い)

\「ライターお悩み相談室」を開催/

フリーライター歴12年のわたくし江角が、毎回違ったゲストを招いて、ライター業に関するさまざまな疑問、お悩みの相談にのっています。

お知らせ

月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。京都で活動するフリーライターのここだけの話。短いエッセイや日々の気づきなどを綴っています!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします