私の発酵生活・今年も味噌作り完了。

広告

冬の恒例行事、手前味噌作りが今年も完了。

今年は、私の仕事が忙しすぎて準備する時間がなく、夫が大豆を煮込んでくれた。今年は3キロ分。

大豆を一晩水に浸して、

その後、3〜4時間くらい煮込み、指でつぶれるくらいの柔らかさに。

それを潰して、麹や塩を混ぜて、

樽に仕込んで完了。

一人でしたら面倒な作業も、3家族くらいでワイワイやったら、楽しさしかない。
友だちで、ガラス作家の真紀ちゃんが、毎年味噌作りの先生になってくれて、材料も準備してくれる上、当日も次する作業を細かく指示してくれて、もう本当に楽(いつもありがとう!)。

あぁ、生徒でいられるって、なんてラクチンで、幸せなことなのだろう。

今年の味噌もおいしく出来上がりますように。

広告

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\「ライターお悩み相談室」を開催/

フリーライター歴12年のわたくし江角が、毎回違ったゲストを招いて、ライター業に関するさまざまな疑問、お悩みの相談にのっています。次回は、2019年10月23日(水)開催です!

お知らせ

月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。京都で活動するフリーライターのここだけの話。短いエッセイや日々の気づきなどを綴っています!