Yasutoshi Ezumiのファッションショーを見に、東京ミッドタウンへ。

  • ブックマーク

ファッションデザイナーをしている弟・江角泰俊のファッションショーを見るために、
日帰りで、はるばる東京ミッドタウンへ行ってきました。

招待券を持ってホールに入ると、開演30分前だというのに人がいっぱいで圧倒されました。
これだけの人が、弟のデザインした服を見に来ているかと思うと、感動。
(ショーは、もう一人のデザイナーさんと合同ですが…)

会場内は撮影禁止で、服の写真はないですが、
早速いろいろなサイトでアップされていたので、そちらでぜひ!見てみてください。

Fashionsnap.com
FASHION PRESS
Mercedes-Benz Fashion Week 

デザインのことはよく分かりませんが、
花柄のブラウスとか、黒のカーディガンとか
純粋に着てみたいなと思う服がたくさんありました。

なんだかもう、感動してショーの最中でウルウルしていましたが。

で、ショーが終わって会場の外に出たら、報道陣に囲まれてインタビューを受けているので、
そこでまた感動。はぁぁぁ。これを成功したっていうんだろうか、などと思ったりしました。
まだまだだけどね。

右が、弟です。

海外からのメディアには英語で答えたりして、生意気な(笑)
今朝の4時まで準備していたとかで、結構お疲れの様子。
間違えて、自分の母親にまで英語で話しかけていました。

何はともあれ、お疲れさま。

わずか15分足らずのショーだったけれど、見に行って本当によかった!

Yasutoshi Ezumi 

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。