noteでアクセス数が多かったベスト5

  • ブックマーク

noteでは、無料で読める記事のほか、登録してもらって読んでもらう記事(月刊マガジン「京都くらしの編集室」)、単体で購入できる記事など、いろいろありますが、すべての記事の中で2018年、アクセスの多かった記事ベスト5を紹介します!

1位:一人の時間がないと死ぬ。

私は一人で過ごす時間を心から愛しているのだけど、この世の中にはそうではない人もいて(それは夫)、そんなことを書いたら、Twitterでは共感してくれる人がたくさんいて、うれしかった。

2位:不機嫌な人に出会ったときの、私なりの最善の対処方法

取材では本当にたくさんの方に会う機会があるのだけど、中には手ごわい人もいる。どんなに無口な人も不機嫌な人も、回数を重ねると対応の仕方が分かってくるもので、不機嫌な人に会ったときはこのやり方がベストだとは思うんだけど、なかなか難しいのだよね。

3位:とっとこランサーさんがゲストの「ライターお悩み相談室」まとめ(1)

ライター・ブロガーとして活躍されている他、超実践セミナー という人気講座の講師もしているとっとこランサーさんが、ライターお悩み相談室に来てくれたときのレポート。3回にまとめて書くとか言いつつ、1回しか更新できていませんが。

4位:春の京都に来るなら、ここにも寄りたい!(京都在住20年のライターがオススメする昼〜夜ご飯&甘味処スポット)

noteでまとめ記事を作ってみて、好評だったので、ブログでもまとめ記事を作ってみたのでした。
関連記事:【保存版】京都在住20年のライターがオススメする昼・夜ご飯&甘味処スポットまとめ!

5位:今、夢が叶ってる最中。

アフォメーションをしていて、気が付いたこと。夢って案外すでに叶っていることがたくさんあるのかもしれない。

というわけで、今年アクセス数の多かった記事ベスト5をまとめてみました!

来年も、月刊有料マガジン「京都暮らしの編集室」や、気まぐれに更新されるnoteも、どうぞよろしくお願いいたします!

江角悠子の情報はメルマガを中心に発信しています。

おかげさまで大変多くの方に購読いただいており「無料でここまで語ってもらえるなんて!」「あったかくてホッとして読むとやる気が出る、お手紙のようなメール」など、とっても好評です!!

私の講座やセッション、イベント等はメルマガのみでご案内することがほとんどなので、ぜひ下記写真をクリックして登録してみてください〜。

 

 

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライター未経験の方や、ちょっと繊細な方も4カ月で「書くを仕事にする」ために必要なことが「ひととおり」学べる「京都ライター塾」。ゴールは、単にライターになるだけではなく、理想の暮らしを叶えて幸せになるために、ライターとして活動する。そのための「書くを仕事にする」方法を余すことなくお伝えします。

第8期(グループ講座)は2023年1月開催予定です。