近江八幡、ヴォーリズ建築巡り(01)

広告

私の一番愛する建築家・ウィリアム・メレル・ヴォーリズ
名建築の数々が多く残っている近江八幡へ、いつか行きたい行きたいと思いつつ3年。
ようやく先日、夢かなって行ってきました。

これは、ヴォーリズの住んでいた家、ヴォーリズ記念館。
ヴォーリズの日常生活に関する数々の遺品や資料が保管・展示されているんだそう。

中を見学するには予約が必要とあったので、
事前に電話したところ、子連れはNGという悲しいお返事。
何でも25分間の映像を見てから、見学するそうで、
「その映像を大人しく見られない小さなお子さんはちょっと…
小学5年生くらいなら大丈夫かと思うんですけど」
ってことで、ほ・ん・と・う・に!残念

ここが一番見たかったんですが!仕方ないので外観だけ見てきました。
中を見るのは、いつかの楽しみにとっておきます。

門を奥へ入ったところ。庭の入り口と玄関が見えます。

お庭も素敵。

次、ヴォーリズ記念館の次に行ったのが、旧八幡郵便局。
歩いて10分もかからないくらい。

道が、京都のように碁盤の目みたいになっていて
分かりやすかったです。

大正時代に建てられたもの。中はこんな感じ。

外観、横から見てみました。壁際の樹木とか窓枠とか、いいですね。

 

…(2)へ続く。

近江八幡、ヴォーリズ建築巡り(02)
近江八幡、ヴォーリズ建築巡り(03)

広告

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\「ライターお悩み相談室」を開催/

フリーライター歴12年のわたくし江角が、毎回違ったゲストを招いて、ライター業に関するさまざまな疑問、お悩みの相談にのっています。

お知らせ

月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。京都で活動するフリーライターのここだけの話。短いエッセイや日々の気づきなどを綴っています!