近江八幡、ヴォーリズ建築巡り(01)

  • ブックマーク

私の一番愛する建築家・ウィリアム・メレル・ヴォーリズ
名建築の数々が多く残っている近江八幡へ、いつか行きたい行きたいと思いつつ3年。
ようやく先日、夢かなって行ってきました。

これは、ヴォーリズの住んでいた家、ヴォーリズ記念館。
ヴォーリズの日常生活に関する数々の遺品や資料が保管・展示されているんだそう。

中を見学するには予約が必要とあったので、
事前に電話したところ、子連れはNGという悲しいお返事。
何でも25分間の映像を見てから、見学するそうで、
「その映像を大人しく見られない小さなお子さんはちょっと…
小学5年生くらいなら大丈夫かと思うんですけど」
ってことで、ほ・ん・と・う・に!残念

ここが一番見たかったんですが!仕方ないので外観だけ見てきました。
中を見るのは、いつかの楽しみにとっておきます。

門を奥へ入ったところ。庭の入り口と玄関が見えます。

お庭も素敵。

次、ヴォーリズ記念館の次に行ったのが、旧八幡郵便局。
歩いて10分もかからないくらい。

道が、京都のように碁盤の目みたいになっていて
分かりやすかったです。

大正時代に建てられたもの。中はこんな感じ。

外観、横から見てみました。壁際の樹木とか窓枠とか、いいですね。

 

…(2)へ続く。

近江八幡、ヴォーリズ建築巡り(02)
近江八幡、ヴォーリズ建築巡り(03)

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。