歴史は深い。

  • ブックマーク
  • -
    コピー

先日、原稿を正しく校正するため、図書館にあった
平氏に関するあらゆる資料を借りてきた。

白河上皇とか後白河法皇とか、
頼朝とか頼政とか、義朝とか、名前ややこしすぎー。
マンガで読んでも名前で躓いて、イマイチ分かりにくい。

高校生の頃、よくこんなの覚えてたな、私。
おかげさまできれいさっぱり忘れています。

それにしても、京都に住んで改めて歴史の勉強をすると
知っているところや行ったことのある場所、馴染みの場所が
たくさん登場するので、昔学んでた頃より相当面白い。

京都で学ぶ子達はどうなのだろう。

三十三間堂が、平清盛の財力で建てられたとか、
紀州の熊野神社の新しいバージョン(今熊野神社)が京都にあるとか、
安芸・厳島神社の神様を祀っている同じく厳島神社が御所の中にあるとか。

日々、新しい発見をして、楽しんでいます。

書きたいけど書けない人へ。無料メルマガ配信中!

おかげさまで大変多くの方に購読いただいており「無料でここまで語ってもらえるなんて!」「あったかくてホッとして読むとやる気が出る、私宛のお手紙のよう」など、とっても好評です!!

私の講座やセッション、イベント等はメルマガのみでご案内することがほとんどなので、ぜひメルマガを登録してみてください〜。

 

 

 

 

\京都ライター塾を主宰/

ライター未経験の方や、ちょっと繊細な方も4カ月で「書くを仕事にする」ために必要なことが「ひととおり」学べる「京都ライター塾」。2024年1月スタートの第10期はグループ講座・動画視聴コース共に満席となりました。次回は、2025年1月開講予定です。最新情報はメルマガにてお届けいたします。

  • ブックマーク
  • -
    コピー

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。