京都駅の八条口、近鉄名店街の「鉄板屋 侘家三昧」

広告

ライター仲間・山田さんと、久々に飲みに行きました。
ライター仲間であり、向井理ファン仲間でもあります(笑)

というわけで、向井理の舞台挨拶・映画鑑賞の後、飲みへいざ。
山田さんが行ってみたかったという、近鉄名店街の「鉄板屋 侘家三昧」。
あのスイーツの人気店・北山マールブランシュの系列だそう。

ここ、リニューアルしてから初めて足を踏み入れましたが、
ものすごくキレイになっています!

駅近で、おいしく飲めるところがあれば、それって一番便利。

付きだし。マンゴー?と思ったら、生で食べられるかぼちゃだそう。
味噌につけて、サクッとした食感。あっさり、おいしいです。

白菜の昆布和え。シンプルだけどすごくおいしいのは、きっと素材がいいから。

このおでん!絶品でした。だしが濃く深く香って、だし汁を飲み干したくなるほど。
そしてだし汁、飲みましたが。

鉄板串焼が看板メニューなのだから、頼まなければ!とオーダーした鶏の串。
これもシンプルに味付けは塩だけ…の素材勝負。プリッと弾力があっておいしい。

餃子に、

トンペイ焼きに、

しいたけの肉詰めに…

って、ここまで書いてて思いましたが、これって女性2人で頼む量じゃないんじゃ?
飲み物もスパークリングワイン→白ワインと、ボトル1本半あけてたし。

でも、最後に隣りの人が食べていて、どうしても食べたくなった名物「もやしやきそば」。

もやしがシャキシャキしてて、甘辛いソースも絶妙。
お腹いっぱいだったけど、2人で平らげました。

これだけ飲んで食べて、合計1万2000円くらい。
駅近のお店ってどこも観光客価格で高いというイメージですが、
そう考えると、これはそう高くはない印象。どうですか?

一番最初にオーダーしたワインのボトルが異常に遅く出てきたけれど(笑)
でもまあ、スタッフの人は空いたお皿とか何かと気が付いてくれて、おおむね親切。

いやぁ、大満足の一軒でした。

鉄板屋 侘家三昧
住所:京都市下京区東塩小路釜殿町31-1 京都駅・近鉄名店街みやこみち内
電話:075-672-2828
時間:11:00~23:00(LO22:00LO) 年中無休

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

広告

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします

\「ライターお悩み相談室」を開催/

フリーライター歴12年のわたくし江角が、毎回違ったゲストを招いて、ライター業に関するさまざまな疑問、お悩みの相談にのっています。

お知らせ

月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。京都で活動するフリーライターのここだけの話。短いエッセイや日々の気づきなどを綴っています!