京都の紅葉2018〜名所「南禅寺」「永観堂」は今が見ごろ!

広告

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

この週末、哲学の道を南下して、永観堂、南禅寺の紅葉を見てきました!

「哲学の道」の桜の葉は、ほぼ散っていましたが…!

オススメ!>>今年は11/23から!秋の特別拝観「京都・鹿ケ谷にあるレトロ建築・和中庵」

広告

永観堂はさすがの美しさ!

永観堂の門からキレイな紅葉がチラッと見えていたので、中に入ってみると…

燃えるように真っ赤な紅葉がどーん!これは美しい!お庭に入ったら、さぞかしキレイだろうなぁ。

けれど、拝観するには、ディズニーランドのようにものすごい行列が出来ていたので、外から眺めるだけに。「最後尾はここです!」という案内の人もいたくらいの人出。でもこれは中に入ってみたいよなぁと思う。

 

永観堂

京都市左京区永観堂町48
075-761-0007
9:00~17:00(受付終了16:00)
拝観料 600円(秋の寺宝展期間中は1,000円)

>>関連記事:【保存版】混雑苦手な京都本ライターが毎年行きたくなる穴場・紅葉スポットはここ!

南禅寺の水路閣

水路閣のレンガを背景に紅葉が見られる南禅寺。ここは、「レトロ建築と紅葉」が楽しめて最高。

境内も盛大に色づいていました!

なんせ、人が多い(笑)人を撮ってるんだか、紅葉を撮っているんだか!くらいの人出でしたが、紅葉は満喫できました〜!

南禅寺

京都市左京区南禅寺福地町
075-771-0365
水路閣あたりは拝観料不要でした

\こちらの記事も人気です!/
【保存版】銀閣寺、哲学の道周辺に行ったら一緒に立ち寄りたいスポット10選

 

\「ライターお悩み相談室」を開催/

フリーライター歴12年のわたくし江角が、毎回違ったゲストを招いて、ライター業に関するさまざまな疑問、お悩みの相談にのっています。

お知らせ

月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。京都で活動するフリーライターのここだけの話。短いエッセイや日々の気づきなどを綴っています!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします