OPEN DOOR COFFE…北白川にオープンしたコーヒーのお店

  • ブックマーク

京都造形大の前の通りにとっても可愛らしいお店がオープンしていてずっと気になっていたのですが、ついに!行ってきました「OPEN DOOR COFFE」。「子連れもOKらしいですよ」とも教えてもらって、2歳の娘も一緒に。

OPEN DOOR COFFEE

お店のすぐ横に広い駐車場があって、なんて便利!素晴らしい!

OPEN DOOR COFFEE

店名を表すかのようなドアのオブジェ?看板? どこでもドアのようだ。カワイイ。

OPEN DOOR COFFEE

メニューはこんな。デカフェもあるし、無添加りんごジュースなんかもあり、妊婦さん子連れにも嬉しいラインナップ。

OPEN DOOR COFFEE

オリジナルブレンド以外にシングルオリジンもあって、元田中にあるWEEKENDERSや東京のFINETIME COFFEE ROASTERSなどなど、いろんな自家焙煎のお店の豆を扱っているようです。いろんなところの豆が楽しめるの、いいですねー。

OPEN DOOR COFFEE

私は、カフェラテストロング540円+税に。コーヒーがシングルショットのものとダブルショットと2種類あって、よりコーヒーの味わいが引き立つというストロングに。豆はエチオピアの中深煎りだそう。少し酸味があったので、エチオピアかなと思ったら当たりでした(笑)豆のことはほとんどわかっていないけど、フルーティーな香りと酸味が強いのが特徴といわれるエチオピアだけは何となく分かる(相変わらず酸味が苦手。笑)。

OPEN DOOR COFFEE

夫はまずはブレンドコーヒー470円+税。すっきり飲みやすかった。好みの深煎り!

OPEN DOOR COFFEE

店内はスッキリモダンな印象。

OPEN DOOR COFFEE

電源とwifeを完備したスペースもあるそうで、ここで日がな一日原稿とか書いてみたい。

OPEN DOOR COFFEE

娘にスコーンとリンゴジュースを。繊細なガラスのテーブルなのでちょっと気を遣います。ドキドキ。息子が小さい頃は、静かに座って食べるということが全然できなくて、こんなお洒落なお店につれてきたことはほとんどなかったけれど、娘は何か食べ物がある間は静かに座って集中してくれるので本当に助かる。しかし息子8歳にもなると友達と遊ぶようになって、あまり私たちについてこなくなったな。

OPEN DOOR COFFEE

生クリームを「じぶんで!」といって自分で塗って食べています。柔らかなスコーン。

OPEN DOOR COFFEE

お店の前にも広いスペースがあってベンチもテーブルもあるし、暖かくなったらここでコーヒーを飲むのも楽しそう。子連れだとこっちの方が気が楽ですねー。左京区にまた素敵なお店ができてうれしいな。

OPEN DOOR COFFEE


京都市左京区北白川瀬ノ内町27−1
075-741-7323
10:00〜19:00
http://opendoor-kyoto.com

江角悠子の情報はメルマガを中心に発信しています。

おかげさまで大変多くの方に購読いただいており「無料でここまで語ってもらえるなんて!」「あったかくてホッとして読むとやる気が出る、お手紙のようなメール」など、とっても好評です!!

私の講座やセッション、イベント等はメルマガのみでご案内することがほとんどなので、ぜひメルマガ登録をしておいてください〜。

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第6期は満席となりました!

第7期は夏以降開催予定です。

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。