書籍「全国 旅をしてでも行きたい街の本屋さん」を「響き館」のブログで紹介してもらいました!

広告

お店の取材が終わって本が発行されたあとは、ライターがお店の方とやり取りすることは、ほとんどありません。

広告

取材でお世話になったお店からうれしい連絡

が…

書籍「全国 旅をしてでも行きたい街の本屋さん」の取材でお世話になった「響き館」の福田さんから、わざわざ「ブログで紹介させてもらいました!」という連絡とお礼メールをいただき、とっても嬉しい。ので、そのお知らせ。

「響き館」とは、地下鉄国際会館から徒歩6分ほどのところにある、大人のための絵本専門店。本の中でも詳しく紹介していますが、とっても優雅な時間が流れる魅惑のお店です。

旅のお供に「全国 旅をしてでも行きたい街の本屋さん」

書籍「全国 旅をしてでも行きたい街の本屋さん」は、おかげさまで増刷がかかっているそうで!旅のお供にぜひ1冊!

よろしくお願いいたします〜。

>>関連記事:【お仕事しました!】書籍「全国 旅をしてでも行きたい街の本屋さん」の関西エリアを担当しました!

 

created by Rinker
¥1,728 (2019/06/20 18:14:34時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥1,728 (2019/06/20 18:14:35時点 Amazon調べ-詳細)
広告

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\「ライターお悩み相談室」を開催/

フリーライター歴12年のわたくし江角が、毎回違ったゲストを招いて、ライター業に関するさまざまな疑問、お悩みの相談にのっています。

お知らせ

月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。京都で活動するフリーライターのここだけの話。短いエッセイや日々の気づきなどを綴っています!