【お仕事しました!】書籍「全国 旅をしてでも行きたい街の本屋さん」の関西エリアを担当しました!

  • ブックマーク

広告

お仕事しました〜!

わたし
久々に書籍のお仕事をしました!

昨年発行されて大好評だったという「東京 わざわざ行きたい街の本屋さん」の全国版。

全国 旅をしてでも行きたい街の本屋さんが、先日発売となりました!

「ことり会ライター部」で関西エリアを担当させてもらえることになり、全部で30件程の取材があったのですが、これは山田ねーさんと2人ではまわりきれないな!ということで、友人のライターさんにも協力してもらって無事納品。

ご協力いただいた皆さま、どうもありがとうございました!

取材に加え、撮影もやっています!

今回のお仕事は、取材・原稿執筆のほか、撮影もあり。これが本当にドキドキするのですよねえ。掲載される画像は6〜10カットくらいなのだけど、行くと50枚以上は撮影していました。

それにしても、その街に行かなければ出会えない、素敵な本屋さんがこんな全国各地にあるなんて、ワクワクします。とりあえずは関西エリア、いやまずは京都にも行けていない本屋さんが、アチコチあるなぁと本を眺めながら改めて思い知るなど。

京都旅のお供にもぜひ!本屋さんで見かけたらぜひ手に取って(購入して、笑)、見てみてください!

こんな仕掛けもあるとのこと!紙の本ならではの楽しみです。

よろしくお願いいたします〜!

created by Rinker
¥1,760 (2020/04/09 13:20:21時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥1,760 (2020/04/09 13:20:21時点 Amazon調べ-詳細)

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\第2期ライター塾は5月末スタート!/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)の募集に関して、メルマガに登録してくれた方から先行してお知らせします。

ぜひメルマガにご登録ください!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。