ベテラン・ライター&編集者が読んでよかった文章本を教えてもらったのでメモ「迷わず書ける記者式文章術:プロが実践する4つのパターン」

広告

昨日は、とっとこランサーさんがゲストの「第8回ライターお悩み相談室」でした。とっとこランサーさん(@Tottokolancer)はライター、サイト運営、ブログ運営、講師などを中心に活躍。そしてなんと最高収益単月400万円という強者!!! 一体どうやってそんなに稼ぐのか? 話を聞けるのをすごく楽しみにしていたんだけど、想像以上に濃くて、途中から脳みそが溶け出しそうだった(夜、なかなか寝つけなかったくらい)

広告

すごくよかった!という文章術の本を教えてもらった

さて、そんな「ライターお悩み相談室」にて、尊敬するベテランのライターさん、そして編集者さんが2人揃って「この本いいよ!!」といっていた本があったのでさっそくメモ。

迷わず書ける記者式文章術:プロが実践する4つのパターン

もう十分イイ文章書けるでしょうよ、という人たちがこんな風に努力しているのを知られるのは、本当に良い刺激になる。

次回は11/29(木)

次回の「ライターお悩み相談室」は

11月19日(木)14時〜16時
下鴨デリにて、参加費1500円+ワンドリンクオーダーです。

残り3席。ご参加お待ちしています!

広告

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\「ライターお悩み相談室」を開催/

フリーライター歴12年のわたくし江角が、毎回違ったゲストを招いて、ライター業に関するさまざまな疑問、お悩みの相談にのっています。次回は、2019年10月23日(水)開催です!

お知らせ

月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。京都で活動するフリーライターのここだけの話。短いエッセイや日々の気づきなどを綴っています!