夏のお寺で涼をとる…京都市左京区の「蓮華寺」

  • ブックマーク

京都の美しい風景を取り続けているSカメラマンさん
クライアントさんに、「すんごくいいですよ!」と教えてもらった
近所の観光スポット「蓮華寺」。

先日、散歩がてら訪れてみました。
そうしたら、さすが京都をよく知る人から薦められただけあって、
本当に!ステキな場所だったのでした。

北白川通から東へ、八瀬方面に向かう道に面したところに入り口があります。
あまりにもひっそりとしていて、最初はどこにあるのか分かりませんでした。
細い道を奥に進むと立派な門が見えてきます。

携帯電話のカメラ(ポラロイド風に撮れるやつ)で撮影したので、
写真がちょっと加工されていますが。

門をくぐって中に入ると、妙に涼しくて、別世界へ来てしまったかのよう。
右を見ても、左を見ても紅葉の緑が、本当に美しい。
蝉はにぎやかに鳴いていたけれど、でも辺りはシーンと静かで安らかな雰囲気。

時間がなく、中には入れなかったのですが、
こんもりとした小さな森のような境内で、しばし暑さを忘れて癒されました。。。
でも、Sカメラマンさんによると、ここのお庭が本当に素晴らしいそうなので、
次回またゆっくり時間のあるときに。

以前は、知る人ぞ知る紅葉の人気スポットだったそうですが、
今は結構知られる場所になってしまったとSカメラマンさん。
この紅葉がいっせいに色づいたらば、それはそれはキレイなんだろうなぁ。
そして、すごい人なんだろうなぁ。

でも、夏の今は人もまばら。
静かな心洗われる時間が過ごせます。

蓮華寺
住所:京都市左京区上高野八幡町1
アクセス:叡電「三宅八幡」駅から徒歩約10分、京都バス「上橋」停から徒歩約1分

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。