夏休み、子連れお出かけスポット「琵琶湖博物館」

  • ブックマーク

先日、川へ遊びに行く予定が大雨で、
急遽、友人家族が「琵琶湖博物館」へ行こうと提案してくれました。

名前は聞いたことがあったけれど、まさか、こんなに充実した
楽しいところとは思いませんでした!

ので、紹介。

子連れにピッタリのお出かけ場所です。
もちろん雨が降ってても平気だし、今なら、館内はクーラーがきいてるし快適(笑)
で、ついでに大人も十分に楽しめる。

マンモス像の模型。実物大?でしょうか。迫力あります。

 

見るだけではなく、実際に触ったり、顕微鏡を覗いたり、
展示の仕方にすごく工夫がしてあって、好奇心が刺激されます。
息子も興味津々。

ちょっとした水族館のようなところも。
意外と広く、たくさんの魚が見られました。
ザリガニを掴んでみよう!みたいな体験コーナーも。
私は怖くて掴めませんでしたが。

館内には、レストランもあり。お昼時はやっぱり混んでいて行列していましたが、
時間を少しずらして、13時半頃行ってみたら、まだマシでした。

上のは人気メニューというカレーラーメン。
下のは近江牛コロッケのハンバーガー。

琵琶湖ということで、湖の幸を生かしたメニューもいろいろありましたよ。

カフェテリアもあって、お弁当を持ち込むのもアリのよう。
つ、使える。

博物館へは京都市内から車で1時間くらいで行けるし、
博物館のすぐ近くにある「道の駅」では、
ウサギやヤギにえさをあげられたり、新鮮野菜も購入できたり。

1日のんびりと楽しめます。オススメ!

琵琶湖博物館
住所:滋賀県草津市下物町1091
電話:077-568-4811

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。