パリ祭2007

  • ブックマーク

来週末、フランスの雰囲気漂うおしゃれなお祭が関西日仏学館で開かれます。
その名も「パリ祭 2007」。

昨年イベントの記事を書いているときに知って、いいなあと思っていたのに
いつの間にか終わっていて…。
でも今年も開催されることが分かったので、今年こそ忘れず行ってみたい!

関西日仏学館の庭園やテラスに、ローストチキンやタルト、クレープなんかの
フレンチの味が楽しめる屋台が並んだり、ジャズコンサートがあったり、
フランス人漫画家、エマニュエル・ギベールさんの講演があったりと盛りだくさん。
午後6時からは、エールフランス航空の往復航空券、
ル・クルーゼ食器、ワインなどの豪華商品が当たる抽選会もあるそうなので、
やっぱり見逃せない。

フランス語を話すベルギー人の旦那さんを持つ友達を誘ったら来るかなぁ。

関西日仏学館
住所:京都市左京区吉田泉殿町8
電話:075-761-2105

7月15日(日)午後2時30分~8時。
一般800円。チケットは関西日仏学館1階受付にて発売中。


最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。