手紙が書きたくなる展覧会…「なつのたより2011」

  • ブックマーク

 

ことり会を結成して、一緒に飲んだり食べたりしている
ライターの山田涼子さんと、イラストレーターの辻ヒロミさん
「なつのたより2011」展を開催しています。

パリ土産を持って、行ってきました。

場所は、みたらしだんごのおいし~いうめぞのCAFE&GALLERYの2階。
辻ちゃんの初夏から初秋にかけての花の絵と
山田ねーさんによる文章が楽しめます。

かわいい木のデスクに置いてあるのが、七葉の便り。

これは、美術の講師として学校で働くナツが、
梅雨から秋口までのひと夏の間に、大切な人にあてた葉書。

ということで、裏返すとナツが大切な人に向けて書いたメッセージを読むことができます。
自分宛ではない、人が書いた手紙を読むという、ドキドキする体験とともに
ナツと葉書の相手はどんな関係なんだろう?と想像しながら読むのは
めったにない経験で、すごく楽しめました。

ナツの書く文章というのが、すごく思いやりとユーモアにあふれていて
乙女でかわいらしくて、こんなステキな文章が書ける人、いいなぁと憧れるほど。

ま、私がねーさん(年下なのに)と尊敬する、あの山田さんなんですけど。
すごいなぁー。

で、そんな文章にぴったり寄り添っているのが、辻ちゃんのお花のイラスト。
色使いもタッチもステキで、一体どうやって書いているのだろうと
ものすごく近づいて見ていたのだけど、
もっと離れて全体をじっくり見ればよかったなぁと思ったり。

で、展覧会を見終わる頃には、まんまと「私もなつのたより出そ」
という気分になり、ギャラリーの一角で販売していた
辻ちゃんの葉書を3枚購入(1枚150円)

見終わったあと涼やかな風が吹くようなとてもステキな展覧会で、
私はなんてステキな友人を持ったのだろうと
誇らしい気持ちで会場をあとにしたのでした。

あ、ちなみにWEBで、

「ナツ」がどんな女性か、どんな毎日を送っているのか
といった葉書と葉書の間のことは想像してもらうのですが、
その合間を埋めるような物語を、現在WEBで公開している

そうです。

ナツのたより

このお話も素晴らしくかわいらしい。
山田さん、さっさと作家になればいいのに、と思います。
そして、できれば私は印刷された紙で読んでみたかった。

山田さんによると、会場に行ってから読んでも、
WEBで物語を読んでから会場に行っても
どちらが先でも問題ありません、とのことです。

開催は来週の火曜日まで。
興味のある方はぜひ。

詳細は以下。

************************************************

山田涼子@椿屋×辻ヒロミ「なつのたより2011」展

◆期間:2011年6月23日(木)~7月5日(火)※水曜日定休

◆時間:11時30分~19時(最終日~17時)

◆会場:うめぞのCAFE&GALLERY
(京都市中京区蛸薬師通新町西入ル不動町180
 ※阪急烏丸駅・地下鉄四条駅より徒歩7分)→MAPはこちらご覧下さい

◆電話075-241-0577

※駐車場はありませんので公共機関をご利用のうえご来場ください。
 なお、自転車でお越しの際はスタッフに一言お声がけください。

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。