薪ストーブのある暮らし〜里山へ薪活動へ〜

広告

先週末は、滋賀の里山まで行って薪活動をしてきた。

(この日の空がものすごくきれいだった)

行ったのは、「こなんの森 薪わりくらぶ」が毎年主催しているイベント。

7年前、「薪ストーブが欲しいな、実際使っている人はどうなんだろう?」と思って、初参加して以来、毎年休まず参加。

今年の薪が足りないので、相談して軽トラ1台分を購入させてもらうことになった。よかったー。

薪ストーブをつけるには、まず薪がなくては始まらない。

薪わりくらぶの人は、常々薪活動に勤しんでいるので、大量の薪があるらしく、わたしたちが「薪がもったいなくて、本当に寒いときにしかつけられない」と言ったら、「なんとかしてあげたいなぁ」と言われるなど。

今年はいつから点けようかな、薪ストーブ。

\「ライターお悩み相談室」を開催/

フリーライター歴12年のわたくし江角が、毎回違ったゲストを招いて、ライター業に関するさまざまな疑問、お悩みの相談にのっています。

お知らせ

月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。京都で活動するフリーライターのここだけの話。短いエッセイや日々の気づきなどを綴っています!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします