みたらし団子のおいしい「うめぞのCAFE&GALLERY」

  • ブックマーク

先日紹介した、「なつのたより2011」展
ここへ行ったらば、ぜっったいに1階のカフェで
みたらし団子を食べてみてほしい(笑)

ということで、「うめぞのCAFE&GALLERY」の紹介です。

「うめぞのCAFE&GALLERY」は、河原町でいつも行列ができている
みたらし団子のおいしーい甘味処「梅園」のカフェバージョン。

みたらし団子というと、丸いお団子が串に刺さっているというイメージですが、
ここのはちょっと変わっていて、おいしいタレがたっぷり味わえるようにと
工夫を凝らした俵型になっています。

以前取材に伺った際、試食させてもらったみたらし団子のおいしさが忘れられず
後日またお持ち帰り用の団子を買いに行ったというくらい。
あのおいしさは、心に残ってしばらく忘れられないほどです(笑)

で、今回はみたらし団子にも惹かれつつ、
前から気になっていた抹茶のホットケーキ(900円)をオーダーしてみました。

注文してから焼き上げるというホットケーキ。
オーダー後、キッチンから聞こえてきたのは(たぶん)
ホットケーキの生地をものすごい勢いでかき混ぜる音。

どんだけなめらかになるのだろう?とワクワクしつつ。
10分くらいして出てきたのが、こんな淡いグリーン色のホットケーキ。

上にはこしあんと黒蜜バターがのっています。
ホットケーキの生地は、本当にふわふわと柔らかくってシフォンケーキのよう。
抹茶の味はほんのり、香るくらい。

で、この黒蜜バターが本当に絶品!
コクがあって、甘くておいしい。販売してないのかなぁ。

夏なので、カキ氷メニューも。
こちらは宇治みるく志るこ白玉850円。

ホットケーキの抹茶はふうわり香る程度でしたが、
こちらはしっかり濃厚な抹茶の味が楽しめました。
甘すぎなくて、いいお味。

氷がとけて味が薄くなったときのために、と
抹茶の蜜のおかわりも付いています。

ほかにも黒糖のフレンチトースト(700円)とか、生麩のパフェ(750円)とか
心惹かれるメニューがいろいろあります、よ。

でもブログを書きながら、やっぱりみたらし団子を食べなかったのは
失敗だったかもと後悔。

とりあえず、次回はお店ではカフェメニューを楽しんで、
みたらし団子をお持ち帰りというのもありかなぁと考えています。
(欲張りすぎですか?)

うめぞの cafe & gallery
住所:都市中京区不動町180
電話:075-241-0577
時間 11:30 ~ 19:00 

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。