高島屋ビアガーデン

  • ブックマーク

先週末、高島屋のビアガーデンに行ってきた。
ホテルの屋上でもいろいろビアガーデンしてるけど、
ここは気取ってなくて一番気軽に行きやすい…気がする。
他よりちょっと安いし。
って、そんなアレコレ行ったわけじゃないけれど、
ビアガーデンっていうと、結局落ち着くのはココだったりする。

料理は、前菜らしきつまみや、定番の唐揚げ、春巻き、ハンバーグから
お惣菜、ご飯系、フルーツ、デザートと一通り。
ドリンクも生ビールのほかに、梅、レモン、巨峰といったチューハイに、
ソフトドリンクもいろいろ揃っている。

料理が格別おいしい!! というよりは、
ビアガーデンは、雰囲気を楽しむもんだから。
屋外だからまぁちょっと暑いときもあるけど、気持ち涼しい風に吹かれながら、
よく冷えたお酒をクイーッと飲めるのが、たまらなくイイ。
クーラーが効いた室内では味わえない、
おいしいお酒が飲めるってことは間違いない。

私は、「明るいうちから、お酒飲んじゃった~♪」という感覚が味わいたいので、
日が沈みきっていない夕暮れ時に行くのが、好き。

そんな夏だけのお楽しみ高島屋ビアガーデンは9月17日まで。
9月1日~3日までは大鍋の芋煮で有名な山形にちなんだメニューが登場するそう。

高島屋京都店
住所:京都市下京区四条通河原町西入真町52
電話:075-221-8811
午後5時30分~10時
男性:3200円、女性:2900円
ちなみに、午後8時30分以降に行くと男女とも格安の2100円に!
さらに水曜日はレディースデーだそうで、女性のみ 2,600円
※HPにクーポンあり

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\第2期ライター塾は5月末スタート!/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)ただいま募集中です!申込は5/23(土)まで。

先着順とさせていただきます。

定員になり次第募集を終了しますので、ご検討の方はお早めに、お申し込みくださいませ。

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。