ワインが安い!おいしい!新大阪駅内のフレンチおでん「紅白 新大阪店」へ行ってきました!

広告

昨日は、作家でプロブロガーの立花岳志(たち)さんの集まりに参加してきました!会場となったのは、グルメなたちさんお気に入り、新大阪構内にある「紅白 新大阪店」。

と〜ってもよかったので、私も紹介!  あぁ、京都にもこんなお店があればなぁ!

 

広告

ワインメニューはこんな

ここはなんといっても、ワインの種類が豊富な上、この手ごろな価格に驚きました!シャンパンのグラスが550円〜!!!安い!

ボトルもこんな感じ(↓)で、味わいについて詳しく書かれたメニューが用意してありました。

料理メニューはこんな。こちらは夏限定のものだそう。

バラエティー豊富な串メニュー。小皿のつき出し感覚の料理とか、串とか、さすが駅ナカだけあって、さくっと飲んでさくっと食べてられる配慮がいい。これなら、ちょっと寄って帰ろうかなぁとなるのもうなずける。

 

泡で乾杯!

この日、巷で飲んだらグラス2,000円くらいの価値があるかもと教えてもらった「アッシュブラン ミレジメ ブリュット」780円で乾杯。なんと10年もののシャンパン。

▲一番人気の大根ポルチーニ茸

▲フォアグラにうなぎが乗っている!めちゃくちゃおいしい!これで870円。安〜!!これを食べるためだけにもう一度行きたいくらいおいしかった。

▲イエローグレン ホワイト530円。スパークリングワインがお得すぎて、ばんばん頼んでしまう。

▲ラムとシシトウの串。

▲大好きな貴腐ワイン380円って!!どう考えても安い。

▲トウモロコシとボイルドエッグのミモザ

店内はカウンターのみ。立ち飲み感覚でさくっと立ち寄れるのだけど、味は本格派。夕方になると行列ができているというのも納得なのでした。

また行きたい!

オススメです!

紅白 新大阪店データ

広告

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\「ライターお悩み相談室」を開催/

フリーライター歴12年のわたくし江角が、毎回違ったゲストを招いて、ライター業に関するさまざまな疑問、お悩みの相談にのっています。

お知らせ

月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。京都で活動するフリーライターのここだけの話。短いエッセイや日々の気づきなどを綴っています!