京都・二条城エリア…シェフの間で噂のイタリアン「リストランテ野呂」へ行ってきました!

  • ブックマーク

ライター女子3人で、昼間っからおいしいもん食べて、おいしいお酒を飲もう!ということで集まった今回。お店は、ガイドブックの取材で京都中をかけまわっているライターのナガオヨウコさん油井康子さんが一押しのここ!イタリアン「リストランテ野呂」。

いろいろなお店のシェフにお話を聞く機会の多いお二人が、「ここがおいしい!」といつも名前が挙がってると教えてくれたお店。それはもう行くしかない!

関連記事:【保存版】二条城に行ったら寄るべき周辺スポット7選!!

リストランテ野呂のランチメニューは2種

ランチは1800円と4500円コースの2種。


▲ドリンクメニュー

1800円のセットにしました!


▲季節野菜のスープ

今回私たちは、1800円のセットを注文。まずはスパークリングワインでスタート!そして、冷たい季節野菜のスープ。野菜エキスの旨みが凝縮されてた。暑いこの時期、しみじみおいしかった。


▲グリーンリーフのサラダ、にんじんのマリネ、じゃがいもとサツマイモの甘いサラダ

奇をてらわない定番のポテサラ、マリネ。こういうの、大好き!おいしくないわけない。


▲スパゲッティ 魚介と上賀茂産茄子の軽いトマトソース和え

パスタ1人前(+1000円)を3人でシェアしたいと伝えたところ、最初から、お皿にとりわけて出してくれたのでした。量は煎らないけど、ちょっと食べてみたいという欲を叶えてもらえて嬉しい。


▲店内1階のカウンター席。


▲メインの大山鶏もも肉のロースト 辛子マスタードの香りで

私がオーダー。


▲京都平井牛を使ったメンチカツ デミグラスバルサミコで

ナガオさんと油井さんがオーダー。こんな巨大なメンチカツ!メインもみんなで分けたいですと伝えたら、こんなおしゃれにカットしてくれたのでした。料理がおいしいのはもちろん、接客がとても心地よい。

最後にコーヒー。フレッシュではなくて牛乳はありますか?とわがままを言ったら、ありますよ〜と牛乳を出してもらったのでした。うれしい。

+500円でデザートを追加できたのだけど、ここまででもうお腹いっぱいで断念。4500円のコースも魅力的だったけど、食べきれなかったかもしれない。

最後に、野呂シェフと記念撮影。とっても気さくで素敵なシェフでした!いや〜、良かった。

リストランテ野呂データ

京都市中京区西ノ京職司町67-14

京都市中京区西ノ京職司町67-14
075-823-8100
11:30~14:30(LO13:30)、17:30~22:00(LO20:30)
月曜、火曜月1回休

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。