【移転】体に優しいご飯どころ「スガマチ食堂」

  • ブックマーク

西陣にある気になってたお店「スガマチ食堂」へ、足を伸ばして行ってきました。

銭湯を改装したカフェ、さらさ西陣のある通り、
大徳寺から少し迷いながら、たどりついたお店は、
昔ながらの長屋の雰囲気の良さを残した、心地いい空間。

カウンター席、テーブル席のほかに、ほっこり寛げる掘りごたつ式の席も。
座ると奥に見えるのは、素敵なお庭?と思ったら、
昔、土間だったところでしょうか。古めかしい窓枠もいい感じ。

昔懐かしい雰囲気が、妙に落ち着く。

ランチに頂いたのは、本日の定食1000円。
メインのおかずを2種から選んで、あとはお惣菜3種に汁物。
ご飯は、白米か玄米が選べます。

私はカラダに良さそうな、玄米をチョイス。
この日のメインは、韓国風チキンでした(写真右上の皿)

毎日食べても飽きない季節の食材をたっぷり使った定食です、
とメニューには書いてあったけれど、本当にその通り!
野菜の味がしっかりする、手作りのぬくもりが感じられるものばかり。
具沢山の冷奴、キャベツの酢の物、人参の…、なんだっけ?

皿数も多く、ボリュームたっぷりですが、野菜中心のせいか
お腹いっぱいになりつつも、完食。

こんなにたくさんの種類の野菜を使うのは、
きっと下ごしらえが大変なはず。
でもその分、料理からやさしさがにじみ出ているようで、
そんな料理が作れるお母さんになりたい、と憧れました。

その後、冬季限定のメニュー、薬膳汁粉600円を頼んでみました。
白いお汁粉?木の実も入っている?
気になって気になって、頼まずにはいられなかったのです。

アーモンドやくるみ、松の実、大豆、麦などが入っているとか。
食べると、ザクザクと木の実の食感。
きな粉の風味、トロリと舌に甘い。

何が入ってるのか想像がつかないけれど、とにかくおいしくて
おまけに、カラダが温まる感じ。
寒い冬だからよりいっそうおいしいのかも。

こっくりとしていて、腹持ちがいいというか、
定食の後にいただいたので、本当の本当にお腹いっぱいに。

店内には、薬膳料理に使う食材も販売してありました。
お店の雰囲気そのままの可愛らしいHPもぜひ、見てみてください。

スガマチ食堂

住所:京都市北区紫野南船岡町71
電話:075-441-2808
時間:11:30 ~ 20:30 (L.O 20:00)  月、火休み
※4名以上の場合は、予約を

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。