お気軽に行ける、祇園の和食処「まさ壱」

  • ブックマーク

3連休、初日の夜。
広島から幼なじみがやってくるというので、
このブログで何度か紹介していますが、
京都らしくって、おいしい和食処「まさ壱」へ行ってきました。

この日のお造り盛り合わせ。
食材は、北海道から取り寄せています。

ハモにさんま、湯葉…あとは何だっけ?
名前は忘れましたが、皮をあぶった刺身、絶品でした!
さんまも脂がのっててトロリと甘くて、ホントおいしい。
さんまのお刺身なんて、本当に新鮮じゃないと食べられないですからね。
早くも秋の味覚満喫。

旬の蒸し野菜。こちらも北海道のおいしーい食材を蒸し上げ、
ふっくら甘みが増しています。

右の方にチラリと映っていますが、白みそか塩につけていただきます。
シンプルすぎるけど、おいしい。

餅とチーズの春巻き。
たらこマヨネーズソースにつけていただきます。

正式な名前は忘れましたが、この日一番のヒット!トマトそうめん。

あっさり冷たいが食事の〆にぴったり。
トマトの味が濃くって、トマトはあんまり好きじゃないのですが、
これならおいしく食べられた。

ジロチョウ(店主)に、トマトがおいしい!と伝えると
ソースに使っているという、とっても濃厚なトマトジュースを味見させてくれました。
湯葉の揚げたようなのはチーズで、あっさりトマトとコクのあるチーズとが合う合う。

和食にはやっぱり日本酒、ということで日本酒をオーダーしようと思ったのですが、
どれが自分の好みか、メニューを見ただけでは分からない。

と言ったら、飲み比べをさせてくれました。
辛口•すっきり•甘口と、おおざっぱに分けるとそんな違いのある3種。
甘党の私は甘口が好きかなと思い飲んでみたら、気に入ったのは、すっきりタイプ。

こんな風に選べたらハズレがなしでイイですねー。

最後のデザートは、ゴマ団子。
中の餡は、小豆じゃなくてカボチャ。
ほっくほく甘くておいしかった。

祇園なら、お酒抜き食事代だけで5000円は軽くいきそうですが、
この日は一人3杯ずつくらいお酒を飲んで食べて、1万5000円。

さて、このまさ壱、来月末くらいにすぐ近所へ移転します。
またお知らせします。

そのほか詳しい情報は、まさ壱のブログにて→

まさ壱
住所:京都市東山区高台寺南紋通下河原町東入ル枡屋町362
電話:075-531-6839
時間:11:30~15:00(L.O.15:00)、17:30~22:00(L.O.22:00) 木休

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。