【移転】恵文社へ行った後は、ココ→コーヒーと定食「つばめ」

  • ブックマーク

大好きな本屋さん、一乗寺の恵文社からすぐのところにある
カフェ「つばめ」に行ってきました。

前から気になっていたところ。
看板もカワイイ。

恵文社から、ホント、徒歩30秒くらいのところにあります。
住宅街にまぎれてひっそりとある感じ。

スコーン(450円)とコーヒー(400円)。
スイーツと一緒にドリンクを頼むと、150円引きでした。
なので、この2つで700円。

スコーンは生地が香ばしくて、ホロホロ、もさっとした感じがすごくイイ!
サクッほろりとした食感に加えて、生地そのものがおいしくて。
ジャムとハチミツ、生クリームも添えられていましたが、付けるのを忘れるくらい。

コーヒーは、オオヤコーヒーの豆を使っているそうで、
すごーく深くて濃い印象。酸味より苦味の方が勝ってるような。
私は酸味があるコーヒーは苦手なので、おいしくおいしく頂きました。

店内の家具はアンティークなのか、不ぞろいの椅子が逆に可愛らしくて、
家のリビングもあえて、いろんなデザインの椅子を並べてみたいなぁと思ったり。
こぢんまりとしているので、読書しながら長居…は難しそうですが、
つばめで一息ついたら、再び恵文社へというのにはピッタリ。

「コーヒーと定食」とあるくらいなので、次回はぜひ定食を注文してみたい。
和食をベースに、野菜がたっぷり食べられそうな内容でした。

女性のスタッフが2人いらっしゃいましたが、放っとかれ感が心地いい。
かいがいしくサーブしてくれるお店がいいと言う人には向いてないかもしれませんが。

ゆったり、素朴、な感じが、どことなく映画「かもめ食堂」を思わせるお店でした。

コーヒーと定食 つばめ
住所: 京都市左京区一乗寺払殿町30-2
電話:075-723-9352
時間:11:30~20:30(LO) 月定休

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。