CHIPPRUSON(チップルソン):京都 船岡温泉のすぐ隣り、可愛くおいしいパン屋さん

  • ブックマーク

私のお気に入り船岡温泉へ先週末、行ってきました。出雲から高校時代の友達みかりんが京都へ遊びに来て、うちへ泊まることになりまして。我が家のお風呂は、タイル張りの昭和チックな古いお風呂で、せまいしアレだし、ということで、みんなで行くことに。

船岡温泉

そして、船岡温泉に行くならば、ここも寄りたい!と思いつついまだ行けていないすぐ横にあるパン屋さん「CHIPPRUSON(チップルソン)」へ。前回はもう閉店してたし、と思いドキドキしながら覗いてみたら、
この日はまだ開いてたー!


パンもいろいろ残ってたー!


次はいつ来るか分からないってことで大人買い。
ハードパン、お野菜パン、ベーグル…値段も見ずにあれこれ5~6個は買い込んだところ、みかりんが、みかりんが泊めてもらうからって買ってくれたー!う、うれしい。

店内には、ちょっとしたアンティーク雑貨が置いてあったり、
内装もレトロで可愛らしく、パンだけではなくいろいろ目が釘付け。

金曜日と月曜日だけは喫茶もされるそうで、店舗奥にはちょっとしたスペースが。

うちと一緒のpeace flag が飾ってありました。翌朝、みかりんを交えてさっそくパン祭♪




さつまいも・栗ココアクッキーパン380円、ベーグル280円、ピザパン480円と

今振り返ると、お手頃とは言えない、なかなかなお値段(みかりん、重ね重ねありがとう)
ですが、その分あって、パン、おいしい。生地がおいしい。

黒っぽいパンて、ちょっと酸味があるものが多くて私は苦手なんですが、
ここのは全然酸味がなくて、ナッツもドライフルーツもザクザク入ってて美味。
黒っぽいパン、私は食べられないなって思ってたから、こんなにおいしく頂けてそれが幸せ。
シンプルな丸パンも、やっぱり生地が美味しくて、
オリーブオイルをちょっとだけつけながら、おいしく頂いたのでした。

「CHIPPRUSON」はパンの通信販売もしているそうなので、
興味のある方は利用されてみてはいかがでしょうか。

私「CHIPPRUSON」の何が好きかっていうと、
インスタグラムの写真が芸術的に美しく、かつ可愛らしく、
いつもいつもため息つきつつ眺めているのです。

次はいつ行けるかなー。

船岡温泉の記事はこちら!

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。