念願の、名古屋喫茶の代表格「コメダ珈琲店」へ

  • ブックマーク

昨年12月、ツイッターでJR二条駅前に
「コメダ珈琲店」がオープンしたと知って、行ってきました!
雑誌などで、名古屋的要素が満載だというウワサだけ知っていて、
行きたい行きたいと思っていたお店。

名古屋ではチェーン展開していて、お馴染みの店だそうですが、
京都ではまだまだ少ない。HPを見ると市内にはここだけ、
あとは宇治市と八幡市にありました。

JR二条駅前の交差点、北東角にあります。
お店に入ると、喫煙席と禁煙席とに分かれていました。
仕切りはないけれど、通路とレジを挟んで
右と左に分かれていたので、煙はあまり気にならない。

行ったのが12/18のオープンからすぐだったこともあって、人は多くほぼ満席。
若いカップルから、おじ様、おば様たちで結構な賑わいでした。

オーダーしたのはもちろん、コメダ名物「シロノワール」!
おいしそうだから、3人前くらいはありそうな通常サイズも
食べられるかも…と思ったんですが、この日はミニシロノワール390円を。
ちなみに通常サイズは590円。一人ならミニで十分でした。

甘くあったかいデニッシュ生地に冷たいソフトクリーム。
いやぁ、おいしい!

スイーツだけど、デニッシュ生地がしっかりしてて食べ応えアリ。
軽食にもなりそうなくらいの満足感。
あと、温かいのと冷たいのと…口の中で両方を味わうっていうのが
何ともやみつきになるおいしさで、
ソフトクリームが溶けちゃうから焦るー!というのもあって、
ホントあっという間にペロリと食べ終えていたのでした。

メープルシロップもついていたけれど、
かけなくても十分に甘かったので、私はナシで。

カフェ・オーレ420円と一緒にオーダーしたけれど、
甘~いシロノワールにはブラックコーヒーの方が合ったかも。

カフェ・オーレには小さな豆菓子が付いてきました。
なんとなく、名古屋っぽい、笑。

さらに名古屋っぽさ全開なのが、開店から午前11時までは
ドリンクにトースト・ゆで卵が付くモーニングサービスをやっているということ。
ドリンク代だけで、朝ご飯まで食べられてしまうとは、なんてお得!
一度朝のうちに行ってみたい。

ドリンクも軽食メニューも豊富&手頃だし、「どこかお店に入ろうか」ってなったら、
「じゃあコメダにしよか」みたいな、そんな気軽さと、
何か惹き付けられる魅力とがあって、
家の近くにあればホント便利だろうなぁ。

というわけで一度、名古屋の喫茶文化を体験したい人は、ぜひ。

参考までに、以下、メニュー表。

コメダ珈琲 京都二条駅前店
住所:京都市中京区西ノ京職司町35-1 パレスコート二条
電話:075-432-7584
時間:7:00~24:00 年中無休

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第4期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。