YASUTOSHI EZUMI の服がセール中です!

広告

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

弟は、YASUTOSHI EZUMI (ヤストシ エズミ)という名前で、東京でファッションデザイナーをしている。(もうすぐ、EZUMi という表記になるらしい)

弟の作る服は、奇抜なデザインというわけではないけど、よく見るとちょっと遊び心があって、でも流行ラインを追いかけてるわけでもないから(たぶん)、何年経ってもデザインがすたれることなく、いつも新鮮な印象のまま着られる、というところが気に入っている。

値段がお高いだけあって、素材も良いものを使っているようで着ていて気持ちが良い。

そんなイイお値段の服がただ今SALE中ということなので、お知らせです!なんと最大80%オフ!!

\オンラインショップはこちら/

YASUTOSHI EZUMI の服を着ていると、「それどこで買ったんですか?」とか「どこのメーカーですか」と聞かれることがよくある。女性にそんな質問をされるだけでもうれしいのに、弟の服の場合、男性からも聞かれることがあるので、やっばりちょっと変わったデザインが気になるのかなぁと、そこがまた興味深い。

弟の服の中でも気に入っているのが、プリーツのスカート。着ていたら、ひらひら〜と歩くたびに舞うように動いて、乙女心がくすぐられる。着ていて幸せな気持ちにすらなってくるのです。

今欲しいのは、鈴木紗理奈さんも着ていたこのワンピース。今年の秋冬物らしい。かわいい!!

 

大丸でのイベント時に来ていたワンピースもYASUTOSHI EZUMI 。

数年前のものだけど、今年も変わらず愛用している青いサマーセーター。

というわけで、このセールをどうぞお見逃しなく!!

\「ライターお悩み相談室」を開催/

フリーライター歴12年のわたくし江角が、毎回違ったゲストを招いて、ライター業に関するさまざまな疑問、お悩みの相談にのっています。

お知らせ

月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。京都で活動するフリーライターのここだけの話。短いエッセイや日々の気づきなどを綴っています!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします