YASUTOSHI EZUMI の服がセール中です!

  • ブックマーク

弟は、YASUTOSHI EZUMI (ヤストシ エズミ)という名前で、東京でファッションデザイナーをしている。(もうすぐ、EZUMi という表記になるらしい)

弟の作る服は、奇抜なデザインというわけではないけど、よく見るとちょっと遊び心があって、でも流行ラインを追いかけてるわけでもないから(たぶん)、何年経ってもデザインがすたれることなく、いつも新鮮な印象のまま着られる、というところが気に入っている。

値段がお高いだけあって、素材も良いものを使っているようで着ていて気持ちが良い。

そんなイイお値段の服がただ今SALE中ということなので、お知らせです!なんと最大80%オフ!!

\オンラインショップはこちら/

YASUTOSHI EZUMI の服を着ていると、「それどこで買ったんですか?」とか「どこのメーカーですか」と聞かれることがよくある。女性にそんな質問をされるだけでもうれしいのに、弟の服の場合、男性からも聞かれることがあるので、やっばりちょっと変わったデザインが気になるのかなぁと、そこがまた興味深い。

弟の服の中でも気に入っているのが、プリーツのスカート。着ていたら、ひらひら〜と歩くたびに舞うように動いて、乙女心がくすぐられる。着ていて幸せな気持ちにすらなってくるのです。

今欲しいのは、鈴木紗理奈さんも着ていたこのワンピース。今年の秋冬物らしい。かわいい!!

 

大丸でのイベント時に来ていたワンピースもYASUTOSHI EZUMI 。

数年前のものだけど、今年も変わらず愛用している青いサマーセーター。

というわけで、このセールをどうぞお見逃しなく!!

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\第2期ライター塾は5月末スタート!/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)の募集に関して、メルマガに登録してくれた方から先行してお知らせします。

ぜひメルマガにご登録ください!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。